ホーム > 市政情報 > 人事・給与 > 市役所におけるワークライフバランスの取組

ここから本文です。

更新日:2017年8月31日

市役所におけるワークライフバランスの取組

鎌倉市役所では、ワークライフバランスの推奨に向けて、以下の取組を進めています。
ワークライフバランスの推奨は、『働き方改革』であると考えます。具体的な話として、

  • 部下への指示が曖昧ではないか?
  • やらなくてもいい会議をやっていないか?
  • 決断から逃げていないか?
  • 見栄や面子に固執した判断になっていないか?
  • 常に自分のやっている仕事は必要なのか、何のためにやっているのかを考えているか?
  • 漫然と出社して帰宅していないか?(常に9回裏2死満塁という緊張感で仕事をしているか?)
  • 隙間時間の有効活用を図っているか?
  • メールの返信など、小さなことは即レスポンスしているか?

などのことを常に実践できていることが必要です。
職員各個人の意識を変えるだけでなく、職員一人ひとりが、自分自身、そして同僚・部下の具体的な行動を変えていくという意識を持ち、自分自身を振り返り、何が課題か、どの行動を変える必要があるか、そして具体的に自分のセクションでは、チームとして何に取り組んでいくかということを考えるところから始めることで、ワークライフバランスの推奨に繋げていきます。

イクボス宣言について

平成28年11月4日に、鎌倉市役所の市長、副市長、部長は「イクボス宣言」をしました。

仕事×子育てパスポートについて

女性職員の妊娠・出産・育児・復職の不安を少しでも払拭するため、「仕事×子育て両立パスポート」を作成しています。

男性職員の育児休業・休暇取得促進について

本市では、男性職員の育児休業・休暇取得促進に向け、職員向けリーフレット(PDF:377KB)を作成し、庁内に配布しています。

育児休業を取得した男性職員の声

これまでに育児休業を取得した男性職員にインタビュー(PDF:187KB)を行いました。

夏の朝方勤務(ゆう活)の実施(試行)について

職員のワークライフバランスを推奨するため、平成29年7月及び8月に「夏の朝方勤務(PDF:141KB)」を試行しました。
7月は5課で、8月は11課で試行しました。
今後、平成29年度の実施状況を分析し、今後の展開を検討していきます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部職員課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

メール:syokuin@city.kamakura.kanagawa.jp