ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・文化財 > 文化施設 > 野村総合研究所跡地の利用について

ここから本文です。

更新日:2020年4月13日

野村総合研究所跡地の利用について

新型コロナウィルスの影響による閉鎖は現在のところありません

野村総合研究所跡地とは

野村総合研究所の跡地で、現在は市が所有しています。建物は閉鎖していますが、グラウンドを含む自然豊かな敷地を、スポーツや散策などにご利用いただけるよう一般開放しています。

所在地:鎌倉市梶原4-7-1

利用範囲の制限について(現在、車での乗り入れはできません)

平成30年2月に、敷地内にある野村橋のコンクリートの一部がはがれたため、ご利用になる市民のみなさまの安全を守るため、正面入口から駐車場までの範囲を閉鎖しています。

現在、開放再開に向けて準備を進めていますが、再開までの間は、史跡北条氏常盤亭跡等から通じる道をご利用ください。なお、狭い山道ですので、徒歩でお越しください

設備など

駐車場

当面の間、利用できません。

トイレ

仮設トイレをご利用いただけます。(4台)

 ※ 多目的トイレはありません

野村総合研究所の利用マップ

野村総合研究所跡地利用マップ

竹林管理ボランティアは休止しています

竹林の育成と整備を目的に、年に数回、ボランティア活動により、古竹の伐採や若竹の間伐等を行っていましたが、現在、野村橋の閉鎖により車での乗り入れができないことからボランティア活動を中止しています。

ご利用の際は、十分にご注意ください。

タケノコを無断で採ることはご遠慮いただいています

野村総合研究所跡地は、鎌倉市が所有する土地です。

春にはタケノコが自生しますが、採取はご遠慮ください。

その他のお願い

  • ごみは必ず持ち帰ってください
  • 犬の散歩で利用する際は、必ず適切な長さのリードをつけてください。また、フンやブラッシング後の毛を放置しないでください
  • 建物等が老朽化しているため、立ち入り禁止箇所には近づかないでください

 

お問い合わせ

所属課室:文化財部文化財課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階

電話番号:0467-61-3857

内線:2469

メール:bunkazai@city.kamakura.kanagawa.jp