ホーム > 市政情報 > 平成18年度普通会計決算に見る鎌倉市の財政状況(財政比較分析表)

ここから本文です。

更新日:2010年7月5日

平成18年度普通会計決算に見る鎌倉市の財政状況(財政比較分析表)

鎌倉市の財政状況の全体グラフ(平成18年度決算)

各項目に関する詳細
財政力 財政力のグラフ(平成18年度決算)
財政構造
の弾力性
財政構造の弾力性のグラフ(平成18年度決算)
人件費・物件費
等の適正度
人件費・物件費等の適正度のグラフ(平成18年度決算)
給与水準
の適正度
(国との比較)
給与水準の適正度のグラフ(平成18年度決算)
定員管理
の適正度
定員管理の適正度のグラフ(平成18年度決算)
公債費負担
の健全度
公債費負担の健全度のグラフ(平成18年度決算)
将来負担
の健全度
将来負担の健全度のグラフ(平成18年度決算)

各項目に関する本市の分析
【財政力指数】
常に1.0を上回っており、前年度に引き続き1.22となった。しかし19年度に行われた国から地方への税源移譲は、歳入の太宗である市税収入に単年度で 約4億円のマイナスの影響を与え、税源移譲と一体となる補助金の削減とともに大きな負担をもたらした。このような状況の下、市税徴収率の向上を始めとする 財源確保策に取り組むとともに、既存事業の見直しを行い、年々変化し、多様化している市民ニーズへの対応を図っていかなければならない。

【経常収支比率】
歳出比較分析表(PDF:56KB)を参照。

【人口1人当たり人件費・物件費等決算額】
前年と比較すると約3,000円の減少となっているものの、類似団体と比較して依然高い水準にあり、主に職員数が多いことによる人件費の高さがその要因となっている。起伏に富んだ地形的特性により消防署所が多いことなどから他団体並みにすることは困難な状況にあるが、財政の硬直化を避けるため、「行政経営戦略プラン」に掲げる民間委託の推進などによりコスト削減を目指していく。

【人口1人当たり地方債現在高】
類似団体平均を若干上回っているが、2年連続して数値は改善している。特に18年度は借入額が償還額を大きく下回り、市債残高は約12億円の減少となっ た。国の制度改革の影響により他の収入の減少が見込まれるが、市債の償還が将来の市財政を圧迫することがないよう、適正な市債の管理を行っていく。

【実質公債費比率】
全国市町村平均及び県内市町村平均は下回っているが、類似団体平均は若干上回っている。16年度に借り入れた臨時財政対策債の元金の償還が開始されたこ と、下水道事業債の償還金に充当する繰出金が増加したことにより前年と比較して0.4%上昇した。本市は地形的な特性により下水道整備に係る経費は多くな らざるを得ないが、下水道使用料の適正な賦課を行い、また、他の事業も含め、後年度負担を考慮した事業執行及び起債管理を行うことにより、適正な水準の維 持に努める。

【人口1,000人当たり職員数】
類似団体平均を上回っている原因は、地理的特性による支所や消防署の数の多さ、ごみ収集の直営実施などが挙げられる。11年度に第1次職員数適正化計画を 策定し、16年度までに228人(12.7%)を削減してきた。しかし依然として類似団体より多い状況であることから、22年度までに16年度と比較して 150人(9.5%)以上削減することを目標とした第2次計画を策定し、実施を図っている。技能労務職を中心とした民間委託化の推進や、正規職員以外の多 様な担い手の活用、保育園の民営化、指定管理者制度の活用などにより、目標の達成を目指す。

【ラスパイレス指数】
職員給料の減額措置(2.5~5%)が終了したこと等により、ラスパイレス指数が前年度に比べ5.6上昇し、類似団体平均を0.7上回っている。今後、年 功型の人事管理や賃金体系となっていないか検証を行い、給料表の構造や昇任・昇格制度、諸手当の見直し等を通じてその適正化を図っていく。



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部財政課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000