ホーム > 新型コロナウイルス対策特設サイト > 緊急事態宣言発令に伴う市税延滞金の免除について

ここから本文です。

更新日:2020年5月27日

緊急事態宣言発令に伴う市税延滞金の免除について

今回の新型コロナウイルスに対応する特別措置法に基づき、5月6日(水曜日)までを期間とする「緊急事態宣言」が出されました。

鎌倉市においても、この宣言を受け、不要不急な外出を控えることを市民の皆様にお願いしています。

この要請により、外出をお控えされている納税者の皆様に対して、極力不利益を及ぼさないための配慮が必要であることから、今回、鎌倉市では、緊急事態宣言期間中に納期限が到来する令和2年度固定資産税・都市計画税第1期分について、納期限後に納付した場合に発生する延滞金を一定期間免除する措置を行うことといたしました。

このたび、延長されていた「緊急事態宣言」が5月25日に解除されましたが、鎌倉市における以下の「延滞金を一定期間免除する措置」の取扱いにつきましては変更はありません(令和2年5月27日)。

1.延滞金免除対象税目

令和2年度固定資産税・都市計画税第1期分(納期限:令和2年4月30日)

2.延滞金免除の期間

令和2年5月1日から令和2年7月31日まで

3.延滞金の免除割合

上記の期間内に発生した延滞金は100%免除(全額)とします。

4.申請について

今回の延滞金免除については、納税者の皆様からの申請は不要とします。

通常、延滞金の免除には、納税者の皆様からの申請により行っていますが、今回の緊急事態宣言が発令されている状況を鑑み、申請書の提出は省略することといたします。

 

お問い合わせ

所属課室:総務部納税課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2306, 2307