ホーム > 産業・まちづくり > 道路 > 岩瀬隧道の土砂はく落について

ここから本文です。

更新日:2018年6月13日

岩瀬隧道の土砂はく落について

復旧状況について

6月12日現在の状況

1 現状

 隧道の復旧工事に向けて、対策工法を検討するため、平成30年6月6日に応用地質株式会社と「岩瀬隧道復旧対策検討業務委託契約」を締結しました。 

 素掘り部分(約46m)の復旧工事を実施するため、平成30年6月12日に髙岸建設株式会社と請負契約を締結しました。

2 今後の方針

 岩瀬隧道は、全長約92mあり、中央部が素掘り(約46m)で、両坑口がコンクリートブロック覆工となっています。今回はく落した素掘り部分を先行して復旧工事を行いますが、コンクリートブロック覆工部は詳細な調査を実施したうえで工法を決定する必要があるため、工法が決定次第、対策工法の追加工事を発注する予定です。全ての復旧工事については、平成30年度内の完了を目指しています。

          岩瀬隧道案内図

6月11日現在の状況

 岩瀬隧道における復旧工事について、対策の工法等を検討し決定するために復旧対策検討業務を委託する契約を締結しました。(6月6日契約締結)

今後は、委託業者とともに復旧に向けて工法等を検討していきます。

1 業務名: 岩瀬隧道復旧対策検討業務委託

2 業務箇所: 鎌倉市岩瀬929番3 先

3 業務概要: 設計業務(測量業務 一式、調査・解析等調査業務 一式、復旧設計 一式)

4 業務期間: 平成30年10月15日まで

5 委託業者: 応用地質株式会社

土砂はく落について

概要

1 日時: 平成30年5月29日(火曜日)早朝

2 発生箇所: 岩瀬隧道(市道060-012線)

3 所在地: 鎌倉市岩瀬929番地先

4 概要: 岩瀬隧道内の小袋谷側坑口から24m地点で天井から約1.5m3の土砂がはく落した。

情報提供資料(PDF:263KB)

はく落当日(5月29日)の対応状況

午前4時43分頃 警察が隧道の通行止めを開始する。

午前5時30分頃 大船警察署から市へ連絡を受ける。

午前7時15分頃 市職員が出動し、現地ではく落状況を確認する。 

午前9時00分頃 坑内にてはく落した土砂の撤去作業が完了する。

午後 坑内の安全確保ができないことから翌日以降も引き続き通行止めを実施することとする。

         交通規制の状況については下記のとおりです。

規制図

 現在の交通規制の状況について

少しでも早く通行止めを解除できるように、現在復旧方法等について検討を行っています。

復旧までご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、本ページについては、随時更新をしていきます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市整備部道路課整備担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-23-3000

内線:2410

所属課室:都市整備部道水路管理課

電話番号:0467-23-3000

内線:2361