ホーム > イベントカレンダー > 鏑木清方記念美術館・清方、若き日の歩み 明治・大正の画業を中心に

ここから本文です。

更新日:2019年7月10日

鏑木清方記念美術館・清方、若き日の歩み 明治・大正の画業を中心に

挿絵画家として活躍し、日本画家への転身を図った鏑木清方(かぶらききよかた)の初期の画業を紹介します。

【夏休み親子鑑賞】
企画展会期中、小・中学生と同伴者の観覧料が無料。親子で楽しめる解説書も配布します。

開館時間…9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
観覧料…200円、小・中学生無料(市内の65歳以上の人は無料。身分証の提示を)
休館日…月曜日(7月15日と8月12日は開館)と7月16日、8月13日
(注)8月25日まで、浴衣で来館した人に絵はがきをプレゼント

開催日時

2019年7月6日から2019年8月25日  9時~17時(入館は16時30分まで)

場所

名称 鏑木清方記念美術館
住所 〒248-0005鎌倉市雪ノ下1-5-25
電話番号 0467-23-6405
ファクス番号 0467-23-6407
ホームページ 鏑木清方記念美術館ホームぺージ( 外部サイトへリンク )

内容

主な展示作品…「小楠公(しょうなんこう)弁(べん)の内侍(ないし)を救う」(明治27年)、「教誨(きょうかい)」(同38年)、「夏の思い出」(大正元年)、「水汲(みずくみ)」(同10年)など

展示解説…第2・4土曜日 午後1時30分から

お問い合わせ

鏑木清方記念美術館(0467-23-6405)