ホーム > イベントカレンダー > 鎌倉国宝館・特別展 ひな人形―雅な春の訪れ

ここから本文です。

更新日:2021年2月8日

鎌倉国宝館・特別展 ひな人形―雅な春の訪れ

開催日時

2021年2月20日から2021年3月14日  9時00分~16時30分(入館は16時00分まで)

場所

名称 鎌倉国宝館
住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-1[鶴岡八幡宮境内]
電話番号 0467-22-0753

内容

鎌倉国宝館には、江戸時代に制作された作品を中心に、数多くのひな人形・ひな道具が収蔵されています。

その多くは鎌倉や近隣の所蔵者から寄贈や寄託を受けたもので、全国でも屈指のコレクションとして知られています。

江戸時代の享保(きょうほう)年間に大流行した能面のような顔立ちの享保びなや、小さな芥子(けし)びな、ひな人形の古い形式とされる立ちびな、五人ばやしや御所人形、精巧に細工されたミニチュアの調度品など、その種類も実に多彩です。

本展は3月3日の桃の節句に合わせて、それらを一堂に公開する、年に一度の展覧会です。雅な春の訪れを告げるひな人形の世界を、ご堪能ください。

とき…2月20日(土曜日)~3月14日(日曜日) 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで)
休館日…2月22日(月曜日)、3月1日(月曜日)、8日(月曜日)
列品解説…土曜日午後2時から
観覧料…一般400円、小・中学生200円。市内の小・中学生と65歳以上の人は無料。福寿手帳などの提示を

お問い合わせ

所属課室:文化財部文化財施設課鎌倉国宝館

鎌倉市雪ノ下2-1-1

電話番号:0467-22-0753