ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子育て施設(保育園・幼稚園・学童保育など) > 保育園 > 新型コロナウイルス感染拡大による育児休業の取り扱いについて

ここから本文です。

更新日:2020年6月25日

新型コロナウイルス感染拡大による育児休業の取り扱いについて

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、令和2年4月に認可保育所等に入所する方の育児休業復帰時期に関する取扱いについて、以下の通りお知らせします。

令和2年4月入所者の育児休業期間の取り扱いについて

 鎌倉市では新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、勤務先から育児休業の延長を求められ、やむをえず復職時期を延長する場合や、自主的に感染防止の観点から育児休業の復職時期を遅らせ、自宅での保育を希望する場合に対応すべく、令和2年4月入所者の育児休業からの復職日の取り扱いについて、入所内定当初の案内の「5月の大型連休明けまで」から延長し、「令和2年7月1日まで」としておりましたが、今回の登園自粛要請期間の延長に伴いまして、 「令和2年8月1日まで」  といたします。

 また登園開始時期(慣らし保育)については、入所される園とご相談の上、お決めいただきますようお願いいたします。

 復職後は就労(内定)証明書の提出が必要です。復職された日からひと月以内に保育課へ、就労(内定)証明書のご提出をお願いいたします。

 就労(内定)証明書(PDF:238KB)

令和2年4月入所者の保育料 について

 在籍は令和2年4月1日からとなり、保育料の支払いも原則として発生いたしますが、新型コロナウイルスの影響により、登園開始時期が遅れる場合や、感染防止の観点から家庭で保育を行う場合など、お休みされた日が現在本市が登園自粛をお願いしている期間に1日以上(土曜日も含む)ある場合、保育料を日割り計算いたします。

 なお、登園自粛期間や保育料の返金方法、計算方法などの詳細については新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う登園自粛による保育料等の取り扱いについてをご覧ください。

  

関連ページ


 注記

 社会情勢の変化や国からの要請等により、今後取扱が変更となる可能性があります。なお、変更があった場合は、速やかにホームページ等でお知らせいたします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:こどもみらい部保育課保育担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3892

メール:kodomo@city.kamakura.kanagawa.jp