かまくら観光 > 文化・観光情報

ここから本文です。

更新日:2016年12月28日

文化・観光情報

博物館・資料館

鎌倉国宝館

鎌倉地方の彫刻・絵画・工芸・書跡・古文書・考古資料などの文化財を保管・展示しています。関東大震災で多くの文化財が被災したことを教訓に、1928年に校倉造を模して建てられました。

鎌倉文学館

鎌倉にゆかりのある文学者の著書や原稿、愛用品などを収集保存し、展示しています。建物は旧前田侯爵の鎌倉別邸で、元首相佐藤栄作氏の別荘としても使われていたものです。

鎌倉彫資料館     

室町時代から現代までの鎌倉彫作品及び参考資料を収蔵。
常設展では、各時代の歴史解説に合わせて作品を紹介し、約60点の名品が展示されています。

鎌倉彫工芸館

鎌倉彫の作品をギャラリーで展示しており、毎週土曜午後には鎌倉彫の職人が出て質問にお答えしています。また、鎌倉彫に必要な材料や道具の販売もしています。

美術館

鎌倉市鏑木清方記念美術館

叙情性豊かな女性の姿や、いきいきとした庶民生活を題材として描いた近代日本画の巨匠、鏑木清方画伯の旧居跡に建てられた美術館です。

県立近代美術館 鎌倉  (平成28年1月末活動終了)

日本で最初の公立近代美術館として1951年に開館しました。近代の日本画や洋画、彫刻など約9500点の所蔵品を所有しています。設計は、コルビュジェの愛弟子、建築家坂倉準三によるものです。

県立近代美術館 鎌倉別館 (2016年12月26日から2017年3月31日まで、作業のため休館)

鎌倉館から350mほどのところに、1984年開館の鎌倉別館があります。設計は大高正人。1年を通じて主に所蔵作品の展示を行なっています。

鎌倉大谷記念美術館 (平成21年12月6日~現在 休館中)

ホテルニューオータニ前会長の故大谷米一氏を偲び、鎌倉の別邸の内部を改装し、邸宅美術館として公開しています。近代フランス絵画を中心とした大谷コレクションを展示しています。

北鎌倉古民家ミュージアム

築100年以上になる古民家を移築した展示スペースです。季節ごとの展示を庭の風情とともに楽しむことが出来ます。

葉祥明美術館

絵本作家・葉祥明の美術館です。レンガ造りの通称「リラ館」で、やわらかい色調でメルヘンチックな水彩画や絵本の原画が展示されています。

その他

県立フラワーセンター大船植物園

観葉植物の生産・普及を目的として神奈川県の農業試験場跡地に建てられ、一般にも公開されています。栽培されている植物は、シャクヤクやツツジ、ハナショウブなど、5,700品種に及びます。

鎌倉芸術館  (2017年1月~9月休館)

国内外の優れた音楽、伝統芸能、演劇、映画、美術等の芸術文化を鑑賞する場として様々な公演が催されるだけでなく、文化活動の成果を発表・展示できる施設として利用されています。

鎌倉能舞台

能楽を中心とする伝統芸能の振興を図る目的で、能楽関係者の手により建てられました。年に何回か公演も行なわれ、学生向けの能楽鑑賞教室なども行なっています。

旧華頂宮邸

華頂宮博信侯爵邸として昭和4年に建てられたもので、ハーフティンバースタイルなど、戦前の洋風住宅建築を代表するものです。通常は庭園のみ公開されており、公開日には建物の中も一般公開されます。
※その他、景観重要建築物・かまくら景観百選については、都市景観課にお問い合わせください。(電話0467-61-3477)

川喜多映画記念館

外国映画の輸入・配給、海外への日本映画の紹介に貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の屋敷跡に川喜多映画記念館が開館しました。
新たな映像文化の情報発信基地として、映画資料の展示、映画上映など年間を通して映画文化を楽しめます。

吉屋信子記念館

女流作家、故吉屋信子の住居。通常は女性の文化教養活動の場として利用されています。書斎は生前のまま保存され、直筆原稿や愛用品が展示されており、公開日には一般公開もされています。

大佛次郎茶亭

大佛次郎が書斎や文士仲間の交流の場として購入した茶亭。直筆原稿・万年筆・眼鏡などの愛用品が展示されていますが通常は公開されておらず、春と秋にご遺族の協力を得て公開されます。
詳細については、鎌倉風致保存会( 外部サイトへリンク )にお問い合わせください。(電話0467-23-6621)

こもれび山崎温水プール

鎌倉で初の屋内温水プール。プールの他にトレーニングルーム・ジャグジー・スタジオなどの設備もあり、水泳教室などの市民講座も開かれます。

十二所果樹園( 外部サイトへリンク )

最盛期には600本の梅の木が花を咲かせる、鎌倉の隠れた梅の名所になっています。鎌倉風致保存会が管理をしており、梅と栗の収穫時期以外は公開されています。

鎌倉観光いちご園

イチゴは棚の上で水耕栽培されているので、立ったままイチゴ狩りが楽しめます。

稲村ガ崎温泉

2005年に営業が始まった天然温泉です。ナトリウム・炭酸水素塩泉でお湯の色は茶褐色、露天風呂に入ることも出来ます。

お問い合わせ

所属課室:市民活動部観光商工課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp