かまくら観光 > 海水浴場の閉鎖について

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

 

海水浴場の閉鎖について(開設期間平成29年7月1日~8月31日)

鎌倉市では、平成29年7月1日(土)から8月31日(木)にかけて海水浴場を開設しました。
たくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。
夏の思い出に、鎌倉の海水浴場で過ごすひと時が残っていましたら幸いです。

平成29年度の開設概要

開設期間及び開設時間

  • 平成29年7月1日(土)から平成29年8月31日(木) 午前9時~午後5時まで

各海水浴場情報

  • 材木座海水浴場
    遠浅で波が穏やかな入り江の砂浜。3つの海水浴場のなかでビーチは一番長く、海の家をはじめ施設は充実しています。今年は、監視所で子供向け海上遊具「ウォーターローラー」の無料貸し出しも行います。
  • 由比ガ浜海水浴場
    国際環境認証のブルーフラッグ認証を取得。ブルーフラッグ( 外部サイトへリンク )
    江ノ電の駅からも近く、鎌倉観光を兼ねて海水浴を楽しむのに良い立地で、夏休み中は大変な賑わい。海の家をはじめ施設は充実しています。
  • 腰越海水浴場
    江の島を望める海水浴場の穴場。漁港が近いので運がよければ捕れたての地元海産物を近くの店で買うことができます。

誰もが安心して海を楽しむために・・・

  • キッズ&ファミリービーチ 
    遊泳区域の中でも比較的波が穏やかなエリア、材木座海岸の一部を子供連れのファミリーの方が安心して楽しめるよう、ライフガードによる監視体制を充実させています。
    キッズ&ファミリービーチ
  • 子供向け海上遊具の無料貸出し 
    材木座海水浴場において、子供向けに海上遊具(ウォーターローラー)の無料貸し出しを行います。ご利用にあたってはルールを守ってみんなで楽しく遊べるようにしましょう。
    warterroller
  • ライフセーバーと遊ぼう 海の安全教室( 外部サイトへリンク )
    海の安全を守るライフセーバーから、海の正しい楽しみ方、エチケットやルールを教えてもらいましょう。小学生の皆さん、集まれ!!
    ライフセーバーと遊ぼう
  • ライフジャケットの無料貸出し
    材木座、由比ガ浜、腰越の各海水浴場監視所において、子供用のライフジャケットの貸し出しを無料で行ないます。ご利用を希望される方は、直接各監視所までお越しください。
    ライフジャケット
  • 水陸両用車椅子(ランディーズ)の無料貸出し(7月7日(金)から開始)
    監視所にて、水陸両用の車椅子を貸し出しております。ご利用の方は、事前に各監視所までご予約ください。
    材木座監視所(0467-25-0023)
    由比ヶ浜監視所(0467-25-0025)
    腰越監視所(0467-32-7030)
    ランディーズ

スマートビーチプロジェクト(鎌倉・逗子・葉山海水浴場マナーアップ推進協議会)

  •  スマートビーチプロジェクト( 外部サイトへリンク )
    海水浴場が隣接する、鎌倉、逗子、葉山が連携し、海水浴客のマナー向上のための様々な取組みを進めております。
    今年はごみの分別回収をサポートするボランティアも募集中!!多くの皆様のお申込みをお待ちしております。

海水浴場でのマナー・ルール

鎌倉市では、「鎌倉市海水浴場のマナーの向上に関する条例」において、砂浜での利用者の禁止行為を次のとおり定めております。
ご来場される皆様のご理解とご協力をお願いたします。

  1. 入れ墨等の露出は禁止です。
  2. 音響機器(電源をつないだスピーカーや楽器等)の使用は禁止です。
  3. 飲酒は禁止です。ただし、海の家では可能です。
  4. ゴミ箱以外にゴミを捨てることは禁止です。
  5. 喫煙所以外での喫煙は禁止です。
  6. バーベーキューや火の使用は禁止です。ただし海の家では可能です。
  7. 海水に動物を入れることは禁止です。
    ただし海水浴場開場時間(午前9時~午後5時)以外は可能です。
  8. 危険な遊具(サーフボード、野球ボール、バット、フライングディスク等)の使用は禁止です。
    ただし海水浴場開場時間(午前9時~午後5時)以外は可能です。

mannerdate

海の家の営業に関するルール

海の家の営業時間、イベントの開催、酒類の提供などの海の家の営業については、鎌倉市海浜組合連合会が次のルールを定めています。

放射能濃度測定調査の実施について

海水の放射能測定、砂の放射線物質測定及び、砂浜の放射線空間線量測定について、次のとおり調査を実施しております。

注意事項

各海水浴場では、次の注意を守って楽しくお過ごしください。

  1. 各海水浴場の監視所に掲げてある旗の色を確認する。
     ○ 青旗 = 遊泳可能
     △ 黄旗 = 遊泳注意
     × 赤旗 = 遊泳禁止
  2. 早朝や日没後、また飲酒したときは海に入らない。
  3. 子どもの水着などには名前を書き、迷子にならないように目を離さない。
  4. 波の高さや潮の流れが急に変わることがあるので、油断しない。
  5. 海水浴場周辺の駐車場は大変混雑しますので、なるべく電車やバスをご利用ください。

マリンスポーツについて

海水浴場の開場時間内は、以下のマリンスマリンスポーツを遊泳区域内で行うことはできません。
詳しくは、現地のライフセーバーにお尋ねください。

  • 水上バイク
  • ボートセイリング
  • サーフィン、ウィンドサーフィン(ただしフィンのついていないボディボードは可能です)

津波対策

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民活動部観光商工課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp