ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

秋の施設公開

毎年、鎌倉ゆかりの文士らが暮らした施設を春と秋に期間限定で一般公開しています。入場無料です。
日程、時間は各施設ごとに異なりますので、下記をご参照ください。

費用

入場料:無料

◆ 大佛(おさらぎ)次郎茶亭

鎌倉風致保存会の設立にも貢献した作家・大佛次郎の茶亭です。かやぶき屋根の木造平屋建てで、市の景観重要建築物に指定されています。愛用品なども展示。施設公開の際には、庭で抹茶(300円)も楽しめます。

公開日:平成29年10月14日(土)10時~16時

所在地:鎌倉市雪ノ下1-11-22
問合せ:鎌倉風致保存会 ℡:0467-23-6621

◆ 吉屋信子記念館

作家の吉屋信子が晩年を過ごした家です。生前のまま保存された書斎もご覧いただけます。平成29年6月28日に文化財保護法第57条第1項の規定により文化財登録原簿に登録されました。登録されたのは、吉屋信子記念館の主屋と門及び塀です。

公開日:平成29年10月1日(日)~3日(火)、7日、14日、21日、28日の土曜日 10時~16時

所在地:鎌倉市長谷1-3-6
問合せ:鎌倉生涯学習センター ℡:0467-25-2030

◆ 旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)

日本映画の発展に貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅の別邸です。哲学者の和辻哲郎が住んでいた建物を東京から移築したもので、旧和辻邸とも呼ばれます。景観法に基づく景観重要建造物。

公開日:平成29年10月14日(土)、15日(日)10時~16時

所在地:鎌倉市雪ノ下2-2-12
問合せ:鎌倉市川喜多映画記念館 ℡:0467-23-2500

◆ 旧華頂宮邸

華頂博信侯爵邸として建てられた、近代の貴重な洋風建築物です。市の景観重要建築物に指定されています。施設公開時には普段は入れない、建物の中までご覧になれます。(通常は庭園のみ公開)

公開日:平成29年10月14日(土)、15日(日)10時~15時
所在地:鎌倉市浄明寺2-6-37
問合せ:鎌倉市都市景観課 ℡:0467-61-3477