かまくら観光 > 鎌倉の名所 > 鎌倉の名所 さ行 > 常楽寺(臨済宗)(じょうらくじ)

ここから本文です。

更新日:2015年4月10日

常楽寺(臨済宗)(じょうらくじ)

1237年(嘉禎3)三代執権北条泰時が義母の供養のために建てた粟船御堂がはじまり。常楽寺の寺名は、泰時没後、その法名をとってつけられた。建長寺開山蘭渓道隆が、建長寺が建立された1253年(建長5)まで、ここに住んでいたことでも知られ、仏殿には、本尊の阿弥陀如来像とともに蘭渓道隆像が安置されている。

jourakuji

住所

鎌倉市大船5-8-29

電話番号

0467-46-5735

拝観料/入館料

志納

拝観時間/入館時間

9時00分~16時00分

見どころ

仏殿。文殊堂。北条泰時墓。

花の情報

[秋]銀杏[冬]ウメ

その他

文殊祭(1月25日)

行き方

1.JR大船駅徒歩15分。
2.JR大船駅東口5番バス乗り場から大船駅(循環)行きで「常楽寺」下車徒歩5分(バスは常楽寺経由を確認のこと)

地図

お問い合わせ

所属課室:市民活動部観光商工課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp