鎌倉の名所 > 鎌倉の名所 さ行 > 称名寺(浄土宗)(しょうみょうじ)

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

称名寺(浄土宗)(しょうみょうじ)

阿弥陀三尊をまつる寺院で、木立に囲まれた境内は、滝の音や川のせせらぎが響く。もとは円宗寺という寺で、弘法大師が開いたと伝わる不動堂の別当を兼ねていた。その後、江戸時代に直誉蓮人が本堂を再興して現在に至っている。男滝・女滝と呼ばれる陰陽の滝のほか、石段を上ると改築した不動堂があり、境内には多数の石仏を見ることができる。

shoumyouji

住所

鎌倉市今泉4-5-1

電話番号

0467-45-1774

拝観料/入館料

志納

拝観時間/入館時間

8時00分~17時00分

見どころ

鼻高地蔵(六地蔵)。大日如来と三十六童子。ホタル観賞(6月中旬の土・日曜日)

花の情報

[春]新緑、イワタバコ[秋]紅葉、イチョウ

行き方

JR大船駅東口5番バス乗り場から大船駅(循環)行きで「今泉不動」下車徒歩5分

お問い合わせ

所属課室:市民生活部観光課観光担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp