ホーム > 産業・まちづくり > 道路 > 市道の管理 > 栄光学園前から大船消防玉縄出張所前までの片側一方通行について

ここから本文です。

更新日:2020年7月10日

栄光学園前から大船消防玉縄出張所前までの片側一方通行について(令和2年(2020年)7月9日更新)

玉縄三丁目の土砂崩れに伴い、現在栄光学園前から大船駅方面へ向かう片側一方通行となっています。

通行開始にあたりましては、大船警察や関係者の皆様と協議を重ねた結果、バスを含む車両が渋滞することなくより安全に車道を通行できること、歩道を拡幅することで歩行者がより安全に歩道を通行できること等の理由により、片側一方通行としました。

現在の工事の状況ですが、このたび法面の調査設計業務が完了し、本復旧工事の工法及び工期の予定が決まりました。

今年度につきましては、片側一方通行の早期解消のため、先行してバス通り沿いの法面を施工いたします。なお、アパート(コーポパールE及びD)裏の法面については、令和3年度以降の施工に向け、並行して準備を進めていきます。

バス通り沿いの法面につきましては、設計業務の結果を踏まえ、以下の4つを施工します。

1 落石防護柵工

 法面下部の既設防護柵が設置されていない箇所に、鋼管型の落石防護柵を設置します。

2 ポケット式落石防護網工

 将来的に法面上部から倒木があったとしても安全が確保できるよう、法面にポケット式落石防護網を設置します。

3 モルタル吹付工

 当該法面の不安定土塊の除去及び整形を行い、岩盤露出部にモルタル吹付を実施します。

4 法面上部の樹木の伐採

 法面上部の樹木を伐採します。なお、今後、市において定期的に枝払いを実施します。

本復旧工事を行う業者は一般競争入札により決定し、実施いたします。本復旧工事の完了は令和3年3月末を見込んでいますが、工事の進捗状況等により変わることがあります。

工事完了までの間御迷惑をおかけいたしますが、御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

  本復旧までの工程や現状についてはこちらもご参照ください→本復旧までのおおよその流れ(PDF:70KB)(7月9日更新)

また片側一方通行の開始と合わせ、バスの栄光学園前~打越間の代替運行は終了し、大船駅西口~清泉女学院循環系等として運行が開始されています。詳しくは神奈川中央交通( 外部サイトへリンク )のホームページを御覧ください。

  

栄光学園前付近の、片側一方通行の始点の様子です。矢印に従ってお進みください。

案内板で歩行者が視認しにくいとのご意見を受け、当初と案内板の位置を変えています。

始点

 

片側一方通行区間の様子です。

スピードを出して通行する車両が多いとのご意見を受け、減速して通行いただくよう注意喚起の案内板を令和2年1月17日に設置しました。下り坂のためスピードが出やすくなっています。スピードの出しすぎには十分ご注意のうえ、ご通行ください。

減速案内

 

 

防護柵にもスピード出しすぎの注意喚起の案内板を設置しました。 

 

防護柵

大船消防玉縄出張所前。片側一方通行の終点になります。こちら側からは車両は進入できませんのでご注意ください。

1121

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:行政経営部公的不動産活用課財産管理担当

鎌倉市御成町18-10  本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

内線:2262

ファクス番号:0467-24-5931

メール:pre_kanri@city.kamakura.kanagawa.jp