ホーム > 団塊の世代対策支援の推進(平成18~20年度実施)

ここから本文です。

更新日:2014年8月13日

団塊の世代対策支援の推進(平成18~20年度実施)

鎌倉市団塊の世代カンドステージへの支援

企業等を退職された団塊の世代の皆さまをはじめ、シニア世代や高齢者世代の方々が、地域において元気でご活躍いただけるよう、「就労支援」「地域活動支援」「生きがいづくり」「健康維持」の4つの視点から施策を整理し、19本の事業を進めていきます。

「鎌倉市団塊の世代カンドステージへの支援」は、そのための庁内方針として策定したものです。

表紙(PDF:71KB)

目次(PDF:59KB)

本文(PDF:457KB)

活動支援施策・事業
 施策名 事業名 所管課
就労支援策  熟年者向け就業支援事業  市民活動課
勤労者福祉担当
   産業振興計画の推進
(商工業元気UP事業)
 産業振興課

 シルバー人材センター活性化事業  高齢者福祉課
地域活動支援策  団塊の世代対策支援の推進  経営企画課
   地域のコミュニティー計画づくり  経営企画課
   防犯グッズ貸出事業
(地域における防犯活動)
 安全安心推進課
   市民活動団体との協働の推進  市民活動課
市民活動推進担当
   消費生活情報提供事業  市民活動課
消費生活担当
   ファミリーサポートセンターの運営  こども相談課
   地域福祉の推進  福祉政策課
   緑地・公園維持管理事業  みどり課
公園海浜課
   史跡維持管理事業  文化財課
   応急手当普及員養成事業  救急救命担当
 生きがい対策  地域生きがいづくり事業  生涯学習センター
   関連図書提供事業  中央図書館
   世代別図書館利用促進事業  中央図書館
   男の料理塾の開催  人権・男女
共同参画課
 健康維持対策  地域サポーター養成事業  市民健康課
   スポーツリーダー養成事業  スポーツ課

 

鎌倉団塊プロジェクト

 1.鎌倉団塊プロジェクト実行委員会の発足

鎌倉団塊プロジェクトの発端は、「特定非営利活動法人鎌倉市市民活動センター運営会議」、「特定非営利活動法人鎌倉シチズンネット」及び「北鎌倉湧水ネットワーク」の3つの市民活動団体の有志により、「団塊の世代の方々に、身近で活動する種々の市民活動を知っていただき、潜在能力を生かして参加していただくにはどうしたらよいか」をテーマに議論が重ねられ、取りまとめられた企画書からである。

当初は、市民活動団体が中心となってプロジェクトが進められようとしていたが、市においても2007年問題と言われる団塊の世代対策の大量退職期に伴う対策について検討を始めた時期であり、市民から企画書の提案を受けて、市民と行政が対等・協力の立場で協働するための組織として、平成18年2月に鎌倉団塊プロジェクト実行委員会(以下「実行委員会」とする。)が発足した。これを受けて、市では第3次鎌倉市総合計画第2期基本計画前期実施計画において、「団塊の世代対策支援の推進」を実施計画事業に位置づけ、実行委員会の活動を進めることにした。

2.実行委員会の目的

実行委員会の目的は、市民活動団体と市が「協働」で、定年を目前に控えた団塊の世代の地域活動への参加を促し、セカンドステージでの生きがいの発見を支援するとともに、その自発的活動を通じて豊かで活力ある住みよい地域づくりに資するため、必要な情報提供やイベントを通じた啓発活動を行うものである。

その背景として、市民活動団体は、定年後の団塊の世代を受け入れる地域活動の場、知恵、機動力、市民同士の横のネットワークなどを有している。一方、市は、施設、情報などの資源を有している。実行委員会の活動は、市民活動団体と市がそれぞれ持っている長所や強みを相互に提供し合い、ともに汗をかいて「2007年問題・団塊の世代対策」という課題を解決しようとするものであった。

3.実行委員会が開催したイベントの概要

実行委員会は、これまで「地域デビューへのお誘い」をテーマとして、市民活動団体の活動紹介と軽食・音楽等の交流会を中心としたイベントを継続的に開催し、団塊の世代を中心に幅広い方々の円滑な地域デビューを支援してきた。平成18年度は市民活動支援、19年度は就労支援やコミュニティービジネス(地域での起業)の視点からイベントを行い、20年度は、これまでの参加者のアンケートの結果、多数の要望が寄せられていた交流の場づくりのため、由比ガ浜通りのギャラリー&カフェ「ジャックと豆の木」を交流拠点として定期的にミニイベントを開催した。小規模な会場で参加者同士の顔の見えるコミュニケーションを図り、リピーターも少しずつふえてきた。イベントの回数も3年間で12回を数え、出演者・参加者ともに多くの方々の参加を得て、実行委員会の活動が浸透してきた。

そのほか実行委員会の活動は、かまくら市民活動ハンドブックの発刊、鎌倉団塊プロジェクト実行委員会専用ホームページの開設、各種行政視察や取材等への対応などのほか、団塊の世代に係る他市のイベントへの参加、団塊の世代のコミュニケーションツールとして、地域SNSの研究なども行った。

4.これまでの活動の評価

高齢化が著しい本市において、今後の市民活動・地域福祉の担い手づくりは喫緊の課題となっている。そこで、団塊の世代の大量退職期を契機に一人でも多くの方に地域で活躍していただき、地域の活性化を担っていただく視点から、「地域デビューへのお誘い」イベントの開催は、団塊の世代の方々への意識啓発や地域デビューのきっかけづくりとして効果的であった。また、今回の実行委員会の活動は、市民と行政がそれぞれの長所や得意分野を生かし、相乗効果が発揮できた。

5.今後の活動に向けて

これまで3年間の活動を行ってきた鎌倉団塊プロジェクト実行委員会は、平成20年度をもって解散し、今後は、各参加団体がそれぞれの立場で「地域デビュー」への支援を進めていくこととした。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:共創計画部企画計画課企画計画担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

ファクス番号:0467-23-8700