ホーム > かまくらキッズページ > 中学生ページ > 鎌倉市のみどころ > 史跡がいっぱい! > 稲村ガ崎の海浜公園(いなむらがさきのかいひんこうえん)

ここから本文です。

更新日:2019年6月21日

稲村ガ崎の海浜公園(いなむらがさきのかいひんこうえん)

稲村ヶ崎一帯は公園として整備されています。

1333年(元弘3年)、新田義貞が鎌倉攻めの際海中に宝剣を投げ入れ、潮が引いたところを一気に攻め入った…という伝説が残っており、公園の入り口に「稲村ヶ崎新田義貞徒渉伝説地」の石碑がたっています。

岬の頂上に近代細菌学の祖といわれるコッホ博士が1908年(明治41年)極楽寺の霊仙(りょうぜん)山を訪ねたときの記念碑が建てられています。

下って海よりに、1910年(明治43年)にここ七里ヶ浜沖でおきた、小学生一人を含む逗子開成中生徒が乗るボートが転覆し、12名の命が失われた海難事故の慰霊碑が建っています。

  • 稲村崎碑。七里ヶ浜ボート遭難碑。コッホ博士記念碑

場所

稲村ヶ崎

江ノ電 稲村ケ崎駅下車 徒歩5分