ホーム > 防災・防犯 > 危機管理 > 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた鎌倉市の基本方針について

ここから本文です。

更新日:2021年5月19日

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた鎌倉市の基本方針について

鎌倉市では、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けて基本方針を定めています。

県知事からのメッセージ(5月8日)「まん延防止等重点措置」の期間延長及び措置区域の追加

神奈川県は、5月11日までとしていたまん延防止等重点措置の適用を5月31日まで延長することを決定しました。感染爆発による緊急事態宣言といった事態に陥らないためにも、改めて、次の事項を要請します。

県知事メッセージ「まん延防止等重点措置」の期間延長及び措置区域の追加( 外部サイトへリンク )

県民への要請

  • 生活に必要な場合を除いて、外出や県境を跨ぐ移動は、引き続き自粛してください。
  • 感染防止対策取組書等の掲示がない店は利用しないでください。時短要請をしている時間以降に、飲食店を利用することは避けてください。
  • 外食する際は、昼夜を問わず、マスク飲食の徹底をお願いします。
  • 路上などでの飲酒、いわゆる路上飲みや、家族以外の方とのホームパーティーなどは、絶対にやめてください。
  • 発熱等の症状が見られる場合には、職場への出勤、学校への登校やクラブ活動等の参加は、やめてください。

事業者への要請

  • 措置区域内の飲食店等では、「まん延防止等重点措置」の適用期間中、20時までの時短営業に加え、酒類の提供を終日停止してください。また、カラオケ設備の提供を停止してください。また、客による酒類の持ち込みは禁止します。
  • マスク飲食をはじめ、アクリル板の設置などの感染防止対策の徹底をお願いします。
  • 措置区域内における1,000平米を超える大規模な集客施設においては、20時までの営業時間の短縮を要請します。
  • 県内すべての集客施設では、施設内外で混雑が生じないよう、入場制限など、入場整理の徹底をお願いします。
  •  引き続き、在宅勤務を徹底するとともに、従業員に対して会食の自粛や不要不急の外出自粛などを働きかけてください。

県知事からのメッセージ(4月24日)「まん延防止等重点措置の取組を強化」

神奈川県は、4月28日からまん延防止等重点措置区域に鎌倉市を含めた6市を加えます。
人の移動が活発になるGW(ゴールデンウィーク)を控え、「まん延防止等重点措置」の取組をさらに強化して、感染拡大をなんとしても、食い止めなければなりません。

そこで、改めて、県民や事業者の皆さんに、次の事項を要請します。

知事メッセージ「まん延防止等重点措置の取組を強化」( 外部サイトへリンク )

神奈川県からの主な要請内容

県民への要請

  • 生活に必要な場合を除いて、外出自粛を徹底してください。
  • 県境を越える移動は、通勤や通学など、生活に必要な場合を除いて、自粛してください。高齢者と接する機会が多いふるさとへの帰省は、ご家族で慎重に検討してください。
  • 感染防止対策取組書等の掲示がない店は利用しないでください。特に、時短要請をしている時間以降に、飲食店を利用することは避けてください。
  • 改めて、M(適切なマスク着用)・A(アルコール消毒)・S(アクリル板等でしゃへい)・K(距離と換気)の基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。また、外食する際は、昼夜を問わず、マスク飲食を実践してください。
  •  路上などでの飲酒、いわゆる路上飲みや、家族以外の方を含むホームパーティーなどは、控えてください。

事業者への要請

  • 措置区域内の飲食店等では、4月28日から5月11日までの間、20時までの時短営業に加え、酒類の提供を終日停止してください。また、カラオケ設備の提供を停止してください。
  • 劇場、映画館、デパートなどの大規模な集客施設では、飲食店同様の営業時間の短縮に加え、店舗やアトラクションごとの入場制限や施設周辺に混雑が生じないよう入場整理の徹底をお願いします。
  •  引き続き、マスク飲食やアクリル板の設置など、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
  • GW中は、在宅勤務を徹底するとともに、従業員に対して会食の自粛や不要不急の外出自粛などを働きかけてください。

県知事からのメッセージ(4月16日)

 

神奈川県は、まん延防止等重点措置対象区域となり、横浜市、川崎市、相模原市を措置区域とすることを決定しました。

4月20日から5月11日までの間、次のことを要請しています。

県民への要請

  • 生活に必要な場合を除き、外出は自粛し、通勤や通学などの場合を除いて、都道府県間の移動は控える
  • 感染防止対策取組書等の掲示がない店は利用しない。特に、時短要請をしている時間以降に、飲食店を利用することは避ける
  • 昼夜を問わず、外食する場合はマスクを着用する「マスク飲食」を実践
  • 路上などでの飲食、いわゆる路上飲みをやめる

事業者への要請

  • 飲食店等の営業時間は、4月20日から5月11日までの間、措置区域内の営業時間は20時まで、その他区域内の営業時間は21時まで
  • 飲食店等では、マスク飲食をはじめ、手指消毒、アクリル板の設置、換気など、基本的な感染防止対策を徹底
  • 飲食を主として業としている店舗では、カラオケ設備の利用を自粛
  • イベントは、人数上限を5,000人とする。営業時間は、措置区域では20時まで、それ以外の区域では21時まで
  • 職場では、「出勤者数の7割削減」を目指し、引き続き、テレワークやローテーション勤務、時差出勤、昼食時間の分散化など、通勤・在勤時の密を防ぐ取組や、従業員へ会食自粛等を働きかける

関連リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:市民防災部総合防災課危機管理担当

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎2階

電話番号:2627

メール:k-hogo@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示