ホーム > 市長定例記者会見(平成27年度7月)

ここから本文です。

更新日:2019年6月3日

 

記者発表資料発表日:2015年07月02日

市長定例記者会見(平成27年度7月)

 

  • 海水浴場の取り組み
  • 海水浴場等津波避難訓練の実施
  • かまくら子ども議会の開催
  • 就労困難若年者への就労体験の場の提供
  • ジュニアスポーツ栄誉表彰・ゆめひかる文化芸術子ども表彰の候補者募集
  • 総合教育会議の開催
  • 行政外部評価公開意見交換会の開催
  • 国際交流講座の開催

 

本日は8件、ご報告させていただきます。

 

まず、海水浴場に関するお知らせです。

昨日、海開き式を終えまして、今年の海水浴場を開設しました。様々なイベント等を用意しておりますので、ぜひご家族をはじめ皆さんに今年の海水浴場に訪れていただきたいと思います。

 

次に、海水浴場等津波避難訓練についてです。

7月24日、金曜日、午前11時から、3つの海水浴場と海浜公園水泳プールにおいて、津波発生を想定した避難訓練を行います。

11時の津波警報サイレンを合図に、海水浴客とプール客に水中から上がっていただき、10分以内を目標に海岸やプールの出口まで誘導する訓練です。

訓練本部は、由比ガ浜監視所脇に設置いたします。

 

次に、かまくら子ども議会についてです。

子ども議会は、市議会の模擬体験を通じて、市の様々な課題について考えるとともに、議会制民主主義への理解と地方自治の仕組みを学ぶことを目的としています。

第15回となる今年は、7月30日午前9時から、市議会本会議場において開催します。

市立小学校16校と横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校、清泉小学校、鎌倉女子大学初等部から選ばれた38名の子ども議員が質問を行い、私と教育長が答弁を行います。

 

次に、就労困難若年者への就労体験の場の提供についてのお知らせです。

鎌倉市小袋谷の湘南・横浜若者サポートステーションでは、ひきこもりやニート状態など就労に困難を感じる若者の就労支援を行っています。

サポートステーションとは、鎌倉市が若者の就労支援を図る一環として、これまでもセミナーの開催などにおいて連携しているところですが、今回は新たに、サポートステーションの登録者のうち就労体験を希望する方に対し、国勢調査の事務において就労体験の場を提供することにより自立に向けた支援を行うものです。

期間は来年2月までの間で、体験業務は国勢調査における地図のコピー等補助的な事務を予定しています。

 

次に、子どもたちの表彰に関するお知らせです。

スポーツ大会などで優秀な成績を収めた中学生以下の子どもたちを表彰するジュニアスポーツ栄誉表彰は、子どもたちがより強い意欲をもってスポーツに取り組めるよう支援するもので、昨年は100名の個人と41の団体を表彰させていただきました。

3回目を迎える今年は、県大会の表彰対象を拡大し、表彰会場も鎌倉芸術館小ホールに移して10月27日火曜日に開催いたします。

また、ゆめひかる文化芸術子ども表彰は、文化芸術活動で優秀な成績を収めた市内の子どもたちを表彰し、讃えることで、子どもたちの文化芸術活動に対する意欲を高めるとともに、活動を応援することを目的に、平成25年に創設し、今年で3回目を迎えます。今年の表彰式は11月3日文化の日に、鎌倉市役所にて行います。

表彰候補者については、自薦他薦問わず市民の方から多くのご推薦をいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

次に、総合教育会議の開催についてです。

「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が平成27年4月1日から施行されました。

この改正に伴い、地方公共団体の長は、「総合教育会議」を設置することになり、本市におきましても、私と教育委員会が、本市における教育の課題やあるべき姿を共有し、相互に連携を図りながら、より一層民意を反映した教育行政を推進していくため、鎌倉市総合教育会議を設置しました。

今年度の総合教育会議は、主に「大綱」の策定に向けた協議・調整を行いたいと考えており、7月7日に第1回目を開催します。

「大綱」は、本市の地方公共団体の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策についての目標や方針を定めるもので、「総合教育会議」で議論を重ね、今年度中に策定してまいりたいと考えています。

 

次に、行政外部評価公開意見交換会の開催についてです。

市では、行政が実施している施策や事業が、市民の皆さんのために、適切に推進されているかを評価・検証するために、行政評価を実施しています。

この行政評価では、市による内部評価と、外部の有識者及び市民の方で構成する鎌倉市民評価委員による外部評価を行っていますが、この度、鎌倉市民評価委員会による外部評価を「公開」で行い、市政について考え、意見交換を行う機会を設けることといたしました。

今回は「子育て」と「歴史環境」の分野を対象に、担当課から主な実施事業の内容説明、担当課と委員会委員によるディスカッション、さらに、募集した市民の皆さんを交えた意見交換を行う予定で、7月11日に開催します。

 

次に、国際交流講座のお知らせです。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催も決まり、国際交流や国際理解の必要性がますます高まっています。そこで、毎年1回国際交流講座を実施していますが、今回は、非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会のコンサルタント中川けいさんを講師にお迎えし、「ハラルとムスリムへのおもてなし」をテーマに、8月3日、鎌倉生涯学習センターで行います。

イスラム教徒、ムスリムは、今や世界人口の5人に1人以上を占めるようになりました。経済成長や円安などで観光客も急増していますが、イスラムの教えにそった食事や礼拝などの環境が整っていない日本では、旅行に苦労しているムスリムが少なくありません。

講座では、イスラム教の教えで「許された」を意味する「ハラル」をキーワードにムスリムに鎌倉で安心して観光を楽しんでもらう「おもてなし」を学びます。

 

なお、今月23日は鎌倉花火大会が開催されます。時間は午後7時20分からで、約2,500発の花火を打ち上げます。当日は、自動音声電話やホームページで開催の有無をご案内しますが、あいにくのお天気や高波などの場合は中止とし、今年は予備日を設けておりません。

また、翌日の朝7時から、海岸や道路に残されたごみの清掃を行ないます。清掃ボランティアを募っていますので、ご参加、ご協力をお願い致します。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課広報広聴担当
鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階
電話番号:0467-61-3867
メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp