ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > バックナンバー > 市長定例記者会見(平成27年度9月)

ここから本文です。

更新日:2020年1月15日

記者発表資料発表日:2015年08月24日

市長定例記者会見(平成27年度9月)

  • 市議会9月定例会提案予定議案
  • 敬老祝い事業の実施
  • 商工業元気アップ事業の認定
  • 多数傷病者対応訓練の実施

市議会9月定例会が9月2日に開会されることになりましたので、本日は、まず、この定例会に提案予定の議案についてお知らせします。

今回、提出を予定している議案は、
条例の制定及び一部改正が13件、
一般会計の補正予算の提案が1件、
平成26年度一般会計及び特別会計の歳入歳出決算の認定が7件、
その他として、市道路線の廃止・認定などが5件、
人事案件が1件
報告事項が5件
となっています。
これらの詳細については、のちほど副市長から説明しますが、旧図書館・御成小学校の旧講堂に関して、私の方から説明させていただきます。
補正予算の中に、「分庁舎及び旧教育センター解体事業費の減額」、「旧図書館耐震・補強設計等業務委託料の追加」があります。
これは、解体・撤去を予定していた旧図書館について、その方針を変更し、保存・活用のための耐震調査及び補強設計にかかる概算費用等の調査を行なうものです。
旧図書館については、ご承知のとおり、昨年の12月議会で、解体の補正予算を提案し、議決をいただいたものです。
今回、市民団体の方々が、建築物の調査に取り組み、7月31日に調査報告書が提出されました。
また、これに合わせ、現在、保存に必要となる費用集め・募金活動に積極的に取り組んでおり、今後も継続していきたいとの意向が示されているところです。
市としては、報告書の内容とともに、「市民と行政の協働による歴史的建造物保存の新しいスタイル」の提案を高く評価し、方針変更をすることといたしました。
私としては、このような取り組みが他の分野でも定着していくことを目指していきたいと考えております。
なお、市としても、旧図書館、御成小学校の旧講堂を含め、本市の歴史的建造物など景観上特に重要な役割を果たしていると認められる建造物を保全するための基金、(仮称)景観重要建造物等保全基金を寄附の受け皿として新たに設置することとし、条例の制定についての議案を提出します。
今後、この(仮称)景観重要建造物等保全基金は、7月よりスタートしております「鎌倉市ふるさと寄附金」の受け皿の一つとして位置づけてまいります。
また、市民、市外居住の方を問わず、本市と覚書を締結した古書事業者に古書等を寄附していただくことで、古書等の買取相当額を市に寄附していただくという「(仮称)鎌倉市ホンの気持ち寄附制度」の創設に向け、現在、準備を進めております。
ふるさと寄附金とともに、この制度も活用し、広く、旧図書館、旧講堂保全の資金を集めていきたいと考えています。

次に、敬老祝い事業についてです。
9月15日から、長年社会に貢献されたご長寿の皆様に敬意を表し、100歳以上の高齢者の方々にお祝いを贈らせていただきます。
今回の対象者は、138名の予定で、市内の特別養護老人ホーム等の施設に入所されている方には、私及び副市長、関係職員が、祝品をお届けして、お祝いさせていただきます。

次に、商工業元気アップ事業についてです。
鎌倉市商工業元気アップ事業は、新商品、新技術、新サービスの開発や、新事業への挑戦を支援するため、創業部門とステップアップ部門において事業計画を募集し、その中から独創性、市場性、実現性などの点で優れた計画を認定し、事業化を支援する取り組みです。
このたび、平成27度事業として、創業部門において、小室(こむろ)剛(ごう)さんの「鎌倉に来る都会からの観光客と地元住民を結ぶ、人が人を呼ぶホテルの開業」を、ステップアップ部門において、宮地(みやじ)一美(かずみ)さんの「鎌倉産天然素材によるアロマオイル製造及びアロマセラピー事業」を認定いたしました。今後、事業化に向けて、支援を進めてまいります。

次に、多数傷病者対応訓練についてのお知らせです。
9月8日、江ノ電バスの協力を得て、多数傷病者対応訓練を行います。
交通事故や地震災害では、ひとつの現場で多数の方が負傷することがあります。
このような場合は、救急車などの限られた救急医療資源を有効に活用し、応急処置や病院への搬送をする必要があります。
訓練では、危険ドラッグを使用した男が運転する乗用車とバスが衝突し、多数の負傷者が発生したという想定で、警察、横浜市・藤沢市の消防局とも連携して、救急隊によるトリアージ及び搬送訓練や応急救護所の設置、警察官による被疑者の逮捕などを行います。
また、救急医療週間に伴い、9月5日と6日には、救急フェアとして、心肺蘇生法・AEDの実技指導、救急車両の展示・体験乗車などを行ないます。
9月5日の土曜日は、10時から12時まで、スルガ銀行鎌倉支店前と鎌倉生涯学習センター前で、6日の日曜日は、10時から14時まで、鎌倉市福祉センターで行ないます。皆様のご来場をいただければと思います。

次に、8月21日に報告させていただきました北鎌倉隧道の安全対策についてですが、9月議会に北鎌倉隧道の安全対策に係る経費について計上しております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課広報広聴担当
鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階
電話番号:0467-61-3867
メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp