ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 由比ガ浜海水浴場におけるブルーフラッグ認証の取得について

ここから本文です。

更新日:2016年4月15日

 

記者発表資料発表日:2016年4月15日

由比ガ浜海水浴場は、アジア地域初の「ブルーフラッグ認証」を取得しました

ビーチやマリーナに与えられる国際環境認証の「ブルーフラッグ」について、由比ガ浜海水浴場で海の家を営む組合及びNPO法人湘南ビジョン研究所から、認証の取得に向けた提案があり、市は組合と協働で取組みを進めてきたところですが、平成28年4月13日に行われた国際審査委員会において認証されました。

市長コメント

  このたび、鎌倉市の由比ガ浜海水浴場は、ブルーフラッグ認証を取得いたしました。由比ガ浜海水浴場に、アジア地域で初めてこのフラッグを掲げることができることを、大変誇りに思うとともに、その責任の重さを実感しております。
 
ブルーフラッグ認証は、持続可能な海水浴場運営を目指す国際認証ですので、このたびの認証取得がゴールではなく、ようやくそのスタートラインに立てたものと考えております。
 
由比ガ浜海水浴場にブルーフラッグを今後も掲げ続けるためには、多くの厳しい基準を継続してクリアする必要がありますが、そのためには、近隣にお住まいの皆様や海水浴客の皆様をはじめ、海水浴場に関わる様々な方々のご理解と、ご協力が不可欠となります。
 
今回のブルーフラッグ認証の取得を通じ、多くの方への海水浴場をはじめとした環境への理解が深まるとともに、この歴史ある由比ガ浜海水浴場の魅力が、国内外に広く発信される一つのきっかけとなることを願っています。

ブルーフラッグとは

FEE International(Foundation for Environmental Education:国際環境教育基金)※が実施しているビーチやマリーナを対象にした国際的な環境認証制度です。ブルーフラッグ認証では環境教育と情報、水質、環境マネジメント、安全とサービスに関する厳しい基準を通じて、ビーチやマリーナにおける持続可能な発展の実現を目指しています。基準を満たし認証が与えられると、その証明であるブルーフラッグをビーチに掲げることができます。1985年にフランスを発祥として生まれ、その高いステータスと来訪客の誘引力により、現在、世界50の国と地域、約4,000か所で認証されています。
※FEEとは、環境教育プログラムを通じて持続可能な発展を目指す国際団体で、世界68の国と地域に加盟組織のある世界最大規模の環境NGOの一つです。(http://www.fee.global)

認証基準(抜粋)

  1. 環境教育・情報
    利用者への環境教育活動、水質・環境情報の提示、地図の設置、行動規範の提示等
  2. 水質
    海水の水質調査、水質基準のクリア、廃水・下水の処理、浮遊物の基準値の達成等
  3. 環境マネジメント
    規制順守、ごみ箱の設置、トイレ・洗面所の設置、ペット管理、サンゴ礁保全等
  4. 安全性・サービス
    交通手段、ライフセーバーの設置、救護施設、安全対策、身体障害者向けアクセス等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民活動部観光商工課観光担当 担当者名:勝

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3884

メール:kankou@city.kamakura.kanagawa.jp