ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > バックナンバー > 市長定例記者会見(平成29年6月)

ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

記者発表資料発表日:2017年6月5日

市長定例記者会見(平成29年6月)

  • 市議会6月定例会 提案予定議案 
  • 海水浴場の開設
  • 鎌倉花火大会の準備状況

 

市議会6月定例会が6月14日に開会されることになりましたので、まず、この定例会に提案予定の議案についてお知らせします。

今回、提出を予定している議案は、

条例の制定、廃止及び一部改正が 18件、

一般会計及び特別会計の補正予算の提案が 2件、

その他として、市道路線認定などが 4件、

人事案件が 15件 となっています。

詳細については、のちほど副市長から説明をさせていただきます。

 

次に、海水浴場の開設についてです。

5月8日、9日に鎌倉保健福祉事務所が実施した水質調査の判定結果が材木座、由比ガ浜、腰越海水浴場いずれも「可」であったことから、例年どおり、7月1日に海水浴場を開設します。

今年は、材木座監視所に水上遊具を用意し、海水浴客に貸し出しを行います。貸し出す際は、ライフガードが正しい使用方法を説明いたしますので安心してご利用いただけます。

また、例年各海水浴場で実施していた「キッズファミリービーチ」を材木座海水浴場で実施します。会場を集約することで、ライフガードの監視体制や子ども向けの企画などをさらに充実させ、子連れのファミリーが安心して海水浴を楽しむことができますので、ぜひご利用いただきたいと思います。

海開き式は7月1日の土曜日に材木座海水浴場にて行います。午前9時30分から海浜組合6組合による海開き神事、午前10時から市主催の式典、鎌倉ライフガードによる海の安全教室のデモンストレーションを予定しています。

 

次に、鎌倉花火大会の準備状況です。

4月28日に第1回の「鎌倉を愛する者がつくる花火大会実行委員会」が開催されて以降、協賛部会、運営部会、警備部会、会場部会の4つの部会におきまして、花火大会に向けて具体的な準備を進めているところです。

協賛金につきましては、5月31日まで実施したクラウドファンディングでは、目標金額1,000万円に対し、1,132万円の協力金が集まっています。また、当日会場でメッセージが読み上げられるサポーターズ花火につきましても、25枠あるうち、その約半分について申込みを受け付けている状況です。

その他、市民有志による「市民玉プロジェクト」と題し、鎌倉の店舗等に募金箱を設置しており、引き続きご協力をお願いしているところです。6月1日現在、市内外を問わず新規企業へのご協力の依頼、市内の商店会への依頼、これまで長年にわたってご協力いただいている事業所についてお声掛けをしつつ、協賛金のお願いをしている状況です。

花火事業者とは、以前から観光協会との間で調整があったことから、具体的なプログラム調整を中心に、準備を進めています。なお、今回も昨年同様約2,500発の花火を打ち上げ、恒例の水中花火も予定しています。

大会ポスターにつきましても、間もなく完成することから市内各所での掲示について準備を進めます。

また、警備体制につきましても、警備会社と契約の締結を完了させ、警備計画書の作成を進めるとともに、警察や交通事業者などとの協議を進めているところです。

今後も、皆さんのご協力をいただきながら開催に向けて取り組んでまいります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階