ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 「救急の日」及び「救急医療週間」に伴うテロ災害を想定した多数傷病者対応訓練の実施

ここから本文です。

更新日:2018年8月17日

 

記者発表資料発表日:2018年08月17日

「救急の日」及び「救急医療週間」に伴うテロ災害を想定した多数傷病者対応訓練の実施

 毎年9月9日は救急の日です。市民の皆さんに救急業務や救急医療について少しでも知っていただき、ご理解いただくことを目的に9月9日を含む1週間を「救急医療週間」と定めて全国的に普及啓発活動を行っています。

 期間中消防本部では関係機関との連携を含むテロ災害を想定した多数傷病者対応訓練を実施し、不測の事態に備えるとともに市民の救急に対する意識の高揚を図ります。

 
  実施日時

 平成30年9月10日(月) 10時30分から11時30分まで

 (災害発生時、悪荒天時は中止とする。)

 実施場所

 鎌倉市岡本1018 

 神奈川県立フラワーセンター(日比谷花壇大船フラワーセンター)

 参加団体

 鎌倉市消防本部、藤沢市消防局、横浜市消防局、神奈川県大船警察署、

 沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院

 訓練想定  神奈川県大船フラワーセンターでテロ災害が発生し、負傷者が7名発生したもの。
 備考

1 訓練見学の方は神奈川県立大船フラワーセンターの入場料及び駐車料金

 は徴収されません。

2 当日は休園日ですので訓練会場以外の見学はできません。なお入園につ

 いてはメインエントランスにいる消防職員の案内に従っていください。

3 当日取材に来られる際は会社名・車両台数・人数を事前に大船出張所玉

 縄出張所(0467-44-1529)までお知らせください。 

            

お問い合わせ

所属課室:消防本部大船消防署庶務担当 担当者名:藤井

鎌倉市大船3-5-10

電話番号:0467-43-2424

内線:8265

メール:f-oofuna@city.kamakura.kanagawa.jp