ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 高齢者肺炎球菌予防接種における誤った接種について

ここから本文です。

更新日:2020年3月13日

記者発表資料発表日:2020年3月12日

高齢者肺炎球菌予防接種における誤った接種について

鎌倉市が実施する高齢者肺炎球菌予防接種において、期限切れのワクチンの使用が明らかになったため報告します。

 

1 ワクチンの種類

高齢者肺炎球菌ワクチン

 

2 接種時年齢

70歳

 

3 接種年月日

令和2年2月25日

 

4 有効期限

令和2年2月19日

 

5 原因

 ワクチンの定期的な管理及び接種時の医師による最終確認が不十分であったことが原因です。


6 医療機関の対応

誤った接種が判明した後、接種した医療機関の担当医師が被接種者の健康状態に問題がないことを確認しています。

 

7 今後の市の対応

鎌倉市医師会の予防接種担当理事とともに被接種者宅を訪問し、謝罪及び被接種者の健康状態を再度確認し、期限切れワクチンの有効性や今後の対応等について説明します。また、当該医療機関を訪問し、ワクチンの管理方法や保管状況等を確認します。なお、予防接種事業を委託している全医療機関に対し、誤った接種が起きた事実の周知と合わせて、注意喚起及び再発防止に向けた取り組みの徹底を促す文書を送付します。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民健康課健康づくり担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3941

メール:shikenko@city.kamakura.kanagawa.jp