ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 市長定例記者会見(令和3年度4月)

ここから本文です。

更新日:2021年4月2日

記者発表資料発表日:2021年4月2日

市長定例記者会見(令和3年度4月)

本日は、お忙しいところお集まりいただきまして、ありがとうございます。
新年度がスタートし、最初の記者会見となります。
本年度もどうぞよろしくお願いします。

【新型コロナウイルスワクチン接種の準備状況】

それでは、最初の案件「新型コロナウイルスワクチン接種の準備状況」について御説明します。

現在、新型コロナウイルスワクチン接種に向けて、鎌倉市医師会をはじめ関係機関と協議・調整を行いながら、円滑な実施に向けて準備を進めています。この準備状況について、本日時点の状況をお知らせします。

国からワクチンが供給される状況を踏まえ、4月17日に高齢者施設に入所されている方への第1回目の接種を開始予定です。
その後、5月8日に高齢者施設に入所されている方への第2回目の接種を行い、ゴールデンウィーク後の5月中旬から、65歳以上の高齢者の接種を開始する予定です。

65歳以上の高齢者の接種が8月末を目途に終了予定であることから、一般の方向けの接種については、9月以降を想定しています。

65歳以上の方への接種券については、4月23日を目途に接種券・予診票などを発送する準備を進めています。
接種会場につきましては、福祉センターや小学校など計8会場を準備しています。

接種会場が自宅から遠い方やバスなどの公共交通機関の利用が難しい方などが安心してワクチンを接種することができるよう、タクシー利用に対して助成を行います。
対象は、新型コロナウイルスワクチンの優先接種の対象となる、令和3年度中に65歳に達する方となります。4月23日を目途に発送する予定の接種券・予診票等と一緒にお送りします。
徒歩や自家用車で来場が可能な方には、ぜひ徒歩や自家用車での来場にご協力をいただきたいと思っておりますが、ワクチン接種を希望しつつも自宅から接種会場が遠いなどお困りの方はタクシー利用券を御利用いただきたいと思います。
説明は以上です。

【鎌倉応援買い物・飲食電子商品券「縁むすびカード」事業の実施結果】

昨年12月15日から実施してきました本事業につきましては、3月15日をもって終了しました。

登録店舗は1,543店舗、配布した縁むすびカードは、83,691世帯、177,220人で、発行額は8億8,610万円でした。このうち、登録店舗の94%に当たる1,448店舗等で、対象者の95%に当たる167,480人にご利用いただきました。使用された合計額は、約8億2,987万円です。

このうち、縁むすびカードをコロナ禍において様々な課題を抱える市民の方々に寄り添った支援を行う市民活動団体へ寄附できる制度を導入しており、3団体へ合計649,582円のご寄付がありました。

事業を通じて、事業者の方々からは、「市民に支えられていることが実感できてうれしかった」や「新たなお客さんができました」などのご意見をいただきました。また、市民の方々からも「新たなお店を発見でき、関心が高まった」や「地元商店の応援ができ、結びつきを感じられた」などのご意見をいただきました。
この事業ではアンケートを実施しています。結果については、後日、市のホームページで公開を予定しています。

この事業の実施によって、ただ単に事業者への金銭的な支援だけでなく、「縁むすびカード」という愛称に込めた思いのように、市内において新たな「縁」が生まれたのではないかと思っています。この「縁」がこれからも続いていくことを期待しています。
説明は以上です。

【市民活動推進基金の愛称を募集】

市民活動と協働を推進するため、平成31年1月に「つながる鎌倉条例」を制定し、令和2年には、具体的な施策の方向性や考え方を示す指針をまとめたところです。

この条例と指針における財政的支援に関する施策として、市民活動を支援するための基金の設置を掲げており、令和3年2月定例会で基金の設置にかかる条例を制定し、4月1日に基金を設置したところです。

このたび、多くの市民の皆様に基金に関心を持っていただき、親しみのある基金となるよう、愛称を募集します。

市民活動推進基金は、設立間もない市民活動団体へのスタートアップ支援や協働事業の充実、活動の場の支援などの経費に充てることを予定しています。
多くの方からの御応募をお待ちしております。
説明は以上です。

【高齢者のための福寿優待サービス事業を開始】

市では、65歳以上の高齢者の方が楽しく街に出掛け、いきいきと豊かな生活を送れるよう、健康維持・増進を支援するため、「福寿優待サービス」を開始しました。

市内在住の65歳以上の方が、本事業に協賛いただくお店で、割引などの優待特典を受けることができるものです。

また、この4月から、従来の「福寿手帳」に替えて、財布などに入れても持ち歩きやすく、緊急時の連絡先も記入できるカードタイプの「福寿カード」の発行も始めます。

従来の「福寿手帳」か「福寿カード」を協賛店舗で提示いただくだけで、優待特典を受けることができます。協賛店舗には、ステッカーが貼っています。また、「協賛店舗一覧」を市役所や支所においても配布するほか、ホームページでもご覧いただけます。

多くの方が御利用いただけるようにするため、福寿優待サービスに協賛いただける店舗を募集しています。
優待特典以外に負担はなく、優待内容も負担にならない範囲で自由に設定できます。
サービスの向上のため、ぜひ多くの事業者の方に御協力をいただきたいと思います。
説明は以上です。

【鎌倉市×フランス共和国 ホストタウンフレーム切手の販売】

令和2年3月に協定を締結した日本郵便株式会社との連携事業として、「鎌倉市×フランス共和国 ホストタウンフレーム切手」を作成しました。こちらになります。

フレーム切手は、鎌倉市とフランス共和国の友好関係を促進し、さらには、東京2020(にーぜろにーぜろ)オリンピック・パラリンピック競技大会のホストタウンとして、市民と行政が一体となって応援機運を高めていくことを目的に作成しました。

フレーム切手のデザインは、本市の姉妹都市として50年以上の交流が続くニース市の美しい風景や、事前キャンプを行うフランスセーリングチームの選手たち、本市を代表する建造物や景観などを題材としています。

4月1日から市内の22の郵便局と、東京中央郵便局及び大手町郵便局の計24局で販売を開始しているほか、5日からは日本郵便WEBサイトでも取り扱います。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:共生共創部広報課広報担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示