ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 「お腹が減っては動き出せない。鎌倉スマイルフードプロジェクト」腰越行政センターでも開催

ここから本文です。

更新日:2021年4月14日

記者発表資料発表日:2021年4月8日

「お腹が減っては動き出せない。鎌倉スマイルフードプロジェクト」腰越行政センターでも開催

新型コロナウイルス感染拡大により生活に影響を受けている多くの方々に対し、令和3年(2021年)1月に大船行政センター、3月に深沢行政センターで食料配布を実施したところ、大きな反響がありました。

このたび、他地区でも食料支援を行うとともに、就労相談や生活相談などの相談会を行うことにより、次の支援につなげていくため、食料配布及び出張相談会を実施します。

事業内容

(1)食料の無料配布

市民、事業者等から寄付された食料を、生活に影響を受けている方々へ無料で配布します。その他、生理用品及び乳児向けおやつ等を必要な方に配布します。

(2)生活相談

食料配布の際に、就労相談や生活相談を実施します。

実施日時

令和3年(2021年)4月17日(土曜日)午後1時から午後4時まで

実施場所

腰越行政センター1Fロビー

対象者

原則、鎌倉市在住の方。なお、事前の申込みは不要です。

提供する食料品

米などの主食のほか、副菜数点(3日分程度)、生活用品(生理用品等)、乳児向けおやつ(せんべい・飲料等)

※数に限りがあります

※寄付については随時募集しています。ご協力をお願いいたします。

その他

本事業は、以下の団体にご協力いただいております。

(1)一般社団法人ふらっとカフェ鎌倉(食料支援)

※フードバンクかながわと連携

(2)一般社団法人インクルージョンネットかながわ(生活相談)

(3)特定非営利活動法人もったいないジャパン(生理用品等の提供)

(4)ピジョン株式会社(乳児向けおやつの提供)

(5)カトリック雪ノ下教会(食料・生理用品等の提供)

(6)鎌倉地区保護司会・鎌倉地区更生保護女性会(マスクの提供)

(7)オーガニックマートよこい(食料・生理用品などの提供)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部生活福祉課援護担当

〒248-8686 鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3958

メール:engo@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示