ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 特集展示「鎌倉と浄土宗」の開催について

ここから本文です。

更新日:2021年5月14日

記者発表資料発表日:2021年5月13日

特集展示「鎌倉と浄土宗」の開催について

flyer_jodoshu

 鎌倉市内には古くから多くの寺社があり、鎌倉時代に中国大陸より禅僧が招かれる以前から、この地には浄土宗の教えが根付いていました。阿弥陀如来による極楽への往生という救済こそ、武家の都に生きる人々にとっては最たる願いであったのです。

 今回の展示では、市内の浄土宗寺院の寺宝を中心に、中世から近世にいたるまでに育まれた信仰のかたちや、絵図からみる往時の堂々とした寺観についてせまります。また、鎌倉国宝館が数多くの作品を受託している、光明寺および英勝寺の宝物を中心にご紹介します。いつの世も変わらぬ人々の願いが込められた作品をこの機会にぜひご堪能ください。

 

 開催期間 令和3年(2021年)5月15日(土)~7月4日(日)

 開館時間 9時~16時30分(入館は16時まで)

 休館日  月曜日

 観覧料  一般:300円(210円) 小・中学生:100円(70円) ※( )内は20名以上団体料金

 会場   鎌倉国宝館

 主催   鎌倉国宝館(鎌倉市教育委員会)

 主な出品作品

 重文・浄土五祖絵伝(光明寺)、重文・阿弥陀如来及両脇侍仏龕(英勝寺)、市文・良忠附法状(光明寺)、市文・良忠譲状(光明寺)、市文・光明寺境内絵図(光明寺)、市文・鎌倉英勝寺様御寺内惣御絵図(英勝寺)など約40点

 特記事項 学芸員による展示解説(最新情報は当館ホームページをご確認ください)

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:教育文化財部生涯学習課鎌倉国宝館 担当者名:森

鎌倉市雪ノ下2-1-1

電話番号:0467-22-0753

ファクス番号:0467-23-5953

メール:kokuhoukan@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示