ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > コレクション展「仏像入門―とびこめ!仏像ワンダーランド―」の開催について

ここから本文です。

更新日:2021年9月3日

記者発表資料発表日:令和3年7月4日

コレクション展「仏像入門―とびこめ!仏像ワンダーランド―」の開催について

鎌倉にたくさんの仏像があるのは、日本の長い歴史のなかで、人々が仏の教えを信じて、困難に遭えば祈り、良いことがあればお礼をし、普段の生活の一部として仏さまを身近に感じてきたからです。鎌倉で過ごす私たちにとって、立派な寺院や小さなお堂は日常の風景に溶け込んでいます。だからこそ、この仏さまがどういう方で、なぜそこにいて、どのような願いを聞いてくれるか、気になることも多いのではないでしょうか。

仏の教えや、その世界観に基づいて姿や形が決まる仏像は、人の形をしていても、優れた特徴が一目でわかるよう、普通の人とは異なる姿に表されます。鎌倉大仏の髪型も、額についた豆粒も、指と指の間の水かきも、すべてに意味が込められているのです。

仏さまのことが分かってくると、その性格や特色だけでなく、仏像を造った昔の人がどういう願いを持っていたのか想像することもできます。まるでタイムカプセルのように過去から現在へと受け継がれてきた想いを、今よりさらに未来へと伝えるために、この夏は、鎌倉国宝館で仏像の世界への扉を叩いてみませんか?

開催期間

 令和3年(2021年)7月10日(土)~8月22日(日)

開館時間

 9時~16時30分(入館は16時まで)

休館日

 月曜日(8月9日をのぞく)

観覧料

 一般:300円(210円) 小・中学生:100円(70円)

 ※(  )内は20名以上団体料金

会場

 鎌倉国宝館

主催

 鎌倉国宝館(鎌倉市教育委員会)

主な出品作品

重文・阿弥陀弥陀如来及び両脇侍像(円覚寺)/ 重文・薬師如来及び両脇侍像(養命寺)/ 市文・阿弥陀如来立像(英勝寺)/ 市文・歓喜天立像(巨福呂坂町内会) 等約40点

特記事項

 学芸員による展示解説(最新情報は当館ホームページをご確認ください)

お問い合わせ

所属課室:教育文化財部生涯学習課鎌倉国宝館 担当者名:石井

鎌倉市雪ノ下2-1-1

電話番号:0467-22-0753

ファクス番号:0467-23-5953

メール:kokuhoukan@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示