ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 迅速な救急救命活動に感謝状を贈呈

ここから本文です。

更新日:2021年8月11日

記者発表資料発表日:2021年8月11日

迅速な救急救命活動に感謝状を贈呈

大船消防署では、湘南モノレール大船駅構内で発生した救急事案で、救命活動を行った男性会社員と同駅駅員に対し大船消防署長から感謝状の贈呈を行います。

1 贈呈日時

令和3年(2021年)8月19日(木曜日)10時00分

2 贈呈場所

鎌倉市大船三丁目5番10号 大船消防署

3 救命概要等

令和3年(2021年)4月25日、鎌倉市大船一丁目4番7号 湘南モノレール大船駅構内で、モノレールの到着を待っていた男性会社員(63歳)が椅子から立ち上がった際、左へ倒れ腹臥位となった。モノレールの到着を待っていた男性会社員が目撃、近寄り、呼び掛けたが反応がなく仰臥位に体位変換して胸骨圧迫を行い、男性駅員にAEDを持ってくるよう依頼した。依頼を受けた男性駅員はAEDを携行し、傷病者の元へ向かい、AEDパッドを装着、「電気ショック必要」のメッセージが流れたため、電気ショックを行った。

救急隊の現場到着時、男性会社員により胸骨圧迫が行われていた。救急隊員が観察を実施したところ、反応はなかったが、総頚動脈が触れ、自発呼吸も確認できる状態であった。

傷病者である男性は、救急搬送されてから20日後、無事に退院できたことは、救急救命活動を実施した2名の功績が無ければ成しえなかったものである。

お問い合わせ

大船消防署警備課(課長 竹ノ谷) 電話 0467-43-2424(内線 262)
f-oofuna@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示