ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者発表資料 > 「鎌倉の新しい拠点“ふみくら”を共に創る」の展示会を開催します

ここから本文です。

更新日:2023年7月12日

記者発表資料発表日:2023年7月13日

「鎌倉の新しい拠点“ふみくら”を共に創る」の展示会を開催します

市民の皆さまに市庁舎現在地利活用へ向けての取組内容を広く知っていただく機会として、「鎌倉の新しい拠点“ふみくら”を共に創る」の展示会を開催します。

展示内容

1 市庁舎現在地利活用の取組の紹介

これまでの市庁舎現在地利活用の取組のパネル展示 等

2 イベント「ONE DAY PLAYPARK」(5月27日開催)の紹介

当日の動画やパネル展示

3 市民対話「みんなでつくる鎌倉ワークショップ」(同日開催)の紹介

参加者が工作した本「わたしの“ふみくら”」の展示 等

※展示場所により、展示内容は異なります。

展示場所・展示期間

1 中央図書館1階ロビー

令和5年7月14日(金曜日)~令和5年7月23日(日曜日)

7月18日(火曜日)は休館日

2 鎌倉駅地下道「ギャラリー50」

令和5年7月25日(火曜日)~令和5年7月30日(日曜日)

3 市役所本庁舎1階ロビー

令和5年8月1日(火曜日)~令和5年8月4日(金曜日)

“ふみくら”とは

“ふみくら”は(文庫)は資料を整理して保管する建物を意味する言葉で、その起源は古く、奈良時代に遡ります。鎌倉時代には、武家文化における幕府等の資料を保管したものや御家人などの屋敷にも“ふみくら”が設けられており、書写などの活動も行われた場であったそうです。

鎌倉の拠点である市庁舎現在地は、「ひらいて むすんで 知恵うむ“ふみくら”」を基本理念に掲げ、知識を万人にひらき、多様な交流をむすび、まちや社会にいきる知恵を共創する拠点としていくことを計画しています。

これまでの取組の紹介

これまでの取組は、下記ホームページでご覧いただけます。

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/chousya-seibi/index.html
 

お問い合わせ

所属課室:まちづくり計画部市街地整備課

電話番号:0467-23-3000

メール:chousya-seibi@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示