ホーム > まちづくりの基本理念と目標

ここから本文です。

更新日:2018年5月7日

まちづくりの基本理念と目標

基本理念

住宅・商業・工業等が共存し、健康な暮らし、ゆとりある心、人間らしいふれあい、地域の活力を生みだす『健やかで活力ある都心』、緑と水に囲まれた『輝く杜の都心』の創造をめざします。

「人・都市・社会にとって非常に好ましい総合的な健康社会」をめざし、まちづくりのテーマは『ウェルネス』とします。

目標

  • 深沢地域の歴史と文化のもと、未来に向けて発信する新しい拠点づくり

    地域の魅力の継承と発展により、深沢地域の文化を創出します。旧国鉄清算事業団用地やJR大船工場用地などを一体化し多様な機能を導入することで、新しい文化を発信する鎌倉の第三の拠点づくりをめざします。

  • 住まいと暮らしを計画の中心にすえ、助け合い、支えあえる暮らしのしくみを築く

    居住環境の整備、良質な住宅供給を行うとともに互いが助け合い、支えあえる暮らしの”しくみ”を構築することで、若年ファミリー層から高齢者など多世代が安心して快適に暮らし続けることのできる環境づくりをめざします。

  • 災害や犯罪に強い、安全で安心な都市をめざすとともに、緑と水辺空間を都市の骨格とした循環型のまちを創る

    各種の防災対策を実施し、また地域コミュニティを生かした防犯対策を進めることで、災害や犯罪に強い安全で安心して暮らせる地域づくりをめざします。さらに、環境負荷の軽減化を図るとともに、緑や河川を保全・育成することで、緑と水辺空間を都市の骨格とした人と自然が共生できる循環型のまちづくりをめざします。

  • 21世紀にふさわしい都市型産業の発展とIT化まちづくりをめざす

    深沢地域、さらには鎌倉を支える既存の産業等を基盤とし、新たな都市型産業等の導入や社会基盤づくりを行うことで、21世紀にふさわしい都市型産業の発展をめざします。また、ITを活かして、安全・安心な暮らし、暮らしの質の向上、地域社会の活性化、市民参画によるまちづくりの実現をめざします。

  • まちをプロデュースする

    行政だけでなく、市民や事業者など多様な人々と協力しながら新しいことにチャレンジするなど、都市経営的観点から、まち全体をプロデュースしていきます。


お問い合わせ

所属課室:まちづくり計画部深沢地域整備課深沢地域整備担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3760

メール:kamakfuka@city.kamakura.kanagawa.jp