ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 小中学校 > 鎌倉市学校再開ガイドラインについて

ここから本文です。

更新日:2020年8月24日

鎌倉市学校再開ガイドラインについて

鎌倉市では、緊急事態宣言の解除に伴って、6月1日から市立小・中学校の再開を開始いたしました。

再開にあたって、次の通りガイドラインを作成し、ガイドラインに則り学校の再開を開始していますのでお知らせいたします。

学校再開ガイドラインの修正(令和2年7月30日)

 6月1日付で各ご家庭に配付した「鎌倉市学校再開ガイドライン」を状況の変化に伴い、修正したものです。引き続き、ご家庭においては、ガイドラインを参考にし、感染症対策に努めていただきますようお願いします。なお、今回のガイドラインは、当面の間の措置とし、国や県の状況を踏まえ、変更することもあります。なお、「当面の間」とは、12月末までを指します。

1 基本的な考え方

 学校が再開して約2か月が過ぎ、新しい生活様式で教育活動に取り組んでいるところです。引き続き子どもの安全、安心を第一とし、3つの密(密閉、密集、密接)を避けて、感染症対策を講じながら今後も教育活動を行いますが、子ども同士のふれあいや健やかな成長も大切にして行きたいと考えています。

2 感染症対策について

(1) 基本的な感染症対策

 ア 感染源を絶つこと

  • 各家庭 で 毎朝の検温(家庭で用紙に記入し、朝の会で状況の確認)及び風邪症状の確認 を してください。
  • 体調不良や 発熱等の 風邪症状がある場合は必ず自宅で休養させてください。 なお、児童・生徒が PCR検査を受けた場合、 学校に連絡し、 結果が出るまで学校への登校は自粛してください。( 保護者等 がPCR検査を受けた場合も同様です) その際は欠席扱いとはしません。
  • 感染が心配で保護者が 登校を差し控える と判断される 場合は、 欠席扱いとはしませ
    ん 。
  • 登校後に体調不良や発熱等の風邪症状の場合は、学校に留め置かず帰宅することになりますので、ご家庭等に連絡します。必ず連絡が取れる連絡先を学校にお知らせください。

 イ 感染経路を絶つこと

  • うがい・手洗いや咳エチケットの徹底、マスクの着用を指導します。手洗いの回数が多くなりますのでハンカチやタオルを必ず持たせてください。
  • 登下校中について、人と十分な距離を確保できる場合にはマスクを外してもかまいません。

(2) 集団感染のリスク対応

 ア 次の3密を避けるように徹底します。(集会等については当面行いません。)

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

 イ 換気の徹底

教室は、可能な限り2方向の窓や扉を開けて行います。また、体育館の授業の場合は窓や扉を開けるなど換気をしながら行います。

 ウ 学校生活においては、教職員、児童生徒もマスクを着用します。(体育、給食において、マスクは着用しません。)

(3) 授業の方法等について(当面の間)

 ア 授業では、飛沫が飛ぶことのないようマスクを着用して、児童・生徒の席の間に一定の距離を確保します。
 
イ ペア学習やグループ学習を行う場合は、近距離を避け、一定の距離を保って、マスクを着用し、大きな声を出さないよう取り組んでいきます。
 ウ 児童・生徒が密集して長時間活動する学習活動等は行いません。
 エ 十分な空間の取れる他の教室を活用するなど教育活動の場の工夫に努めます。
 オ 中学校では、2学期に実施する「職場体験」(総合的な学習の時間)は中止とします。
 カ 感染症対策を行った授業の例

  • 理科:実験や観察は、マスクを着用し、児童・生徒が近距離で活動しないよう工夫して行うことを可能とします。
  • 音楽:室内で歌唱指導を行う場合は、対面を避け、マスクを着用します。ただし、空間が十分確保でき対面を避けられる場合は、マスクを着用しないことも可能とします。リコーダーや鍵盤ハーモニカ等の演奏指導を行う場合は、大人数での演奏を避け、空間を十分に取り、密閉状態にならないよう注意します。
  • 家庭、技術・家庭:実習を行う場合は、空間を十分に取り、密閉状態にならないよう注意して行います。教材、教具、情報機器等児童・生徒の共用を避けるのが難しいものを使用した場合は、授業前後の手洗いを徹底します。また、調理実習は授業前後の手洗いに加え、実習の状況により授業中での手洗いが必要な場合は、手洗いを徹底します。
  • 体育、保健体育:密集する運動や近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い運動は避けそれ以外の運動は実施し、運動後の手洗いとうがいの時間を確保し徹底します。

(4) 学校行事について

  • 各学校では、各教科等の授業時数の確保に努めつつ、 児童・生徒 にとっての学校行事や 児童・生徒 会活動、クラブ活動、部活動等がもつ教育的な意義を踏まえ、予め、その活動時間の確保にも留意し ます。
  • その際には、感染防止の観点から、 児童・生徒 の安全・安心を第一とし、
     視点1 各活動のねらいを改めて確認し、関連するものは統合 します。
     視点2 3密防止などの感染症対策を講じてもなお感染リスクの高い活動は行 いません。
     視点3 準備や練習の時間を最小限と します。
    といった観点から実施計画を抜本的に見直し、実施の有無を検討 します。
  • 次の行事は中止と します 。
     小学校 陸上記録大会、小学校音楽会、児童作品展
     中学校 文化祭、合唱コンクール、中学校音楽会、生徒美術展
     小・中学校 …合同交歓会、学校へ行こう週間
  • 授業参観等行事の保護者参観を行う場合は、「3密」を避け、感染拡大防止策を講じます。来賓や地域・一般の方の参観については、招待を12月末までは行いません。
    なお、保護者の方が学校に行く場合は、検温、健康状態の確認をして、マスク着 用でお願いします。校内では、手洗いも併せてお願いします。

(5) 部活動について

ア 夏季休業中以降の活動について
 国、県、市の方針・ガイドラインや関係組織・団体のガイドライン等に基づき計画をし、引き続き次の内容を踏まえ、生徒の体力面や精神面に配慮して行 います 。

  • 感染拡大防止策
     人との距離(密)、手洗いの徹底、換気、消毒(共用部を中心に)
  • 生徒の体調管理生徒の体調管理
     健康観察、熱中症対策(水分補給、マスクの調整)

イ 対外試合等について
 夏季休業期間中は、市内学校間に限り行うことができるとします。また、市外の学校との対外試合等については、10月以降可能とします。

3 学習指導について

臨時休校中により、授業日数が減少したことから長期休業を短縮するなどして、学習の機会を確保するよう努めます。

(1) 授業時数の確保について

8月24日~31日、12月25日、令和3年1月6日~7日の期間日を授業とします。

〇長期休業期間の短縮

  • 夏季休業日 8月1日(土曜日)~8月23日(日曜日)
  • 中学校第3学年 特別授業(午前) 8月17日(月曜日)~21日(金曜日)
  • 冬季休業日 12月26日(土曜日)~翌年1月5日(火曜日) とします。

 2学期終業式(12月25日)、3学期始業式(令和3年1月6日)

(2) 学習指導等における配慮事項

  • 再開後の日程等を配慮した指導計画により計画的に学習指導を進めます。
  • これまでの学習を確認しながら、新しい学習内容に取り組みます。

4 児童・生徒への支援について

 (1) 児童・生徒の心のケア等について

  • 長期の臨時休校により、ストレスを抱え、心身の不調を訴える、基本的生活習慣が崩れ、学校生活に直ぐに適応できないなど、一人ひとりに応じたきめ細やかな対応が必要な場合は、相談機関等と連携して支援を行います。
  • 家庭内におけるストレスがある場合、担任、教育相談コーディネーター、スクールカウンセラー等による支援を行うとともに「24時間子どもSOSダイヤル」「鎌倉市いじめ相談ダイヤル」を周知し、児童・生徒の心のケア等に配慮します。また、虐待が疑われる場合は、児童相談所等と連携して子どもの安全第一を考え、支援していきます。

(2) 医療的ケアが日常的に必要な児童・生徒等について

  • 医療的ケア児が在籍する学校においては、地域の感染状況を踏まえ、主治医や学校医・医療的ケア指導医に相談の上、医療的ケア児の状態等に基づき個別に登校の判断をします。
  • 基礎疾患等があることにより重症化するリスクが高い児童・生徒等についても、地域の感染状況を踏まえ、主治医や学校医に相談の上、個別に登校の判断をします。
  • 登校すべきでないと判断した場合、出欠の扱いについて、「校長が出席しなくてもよいと認めた日」として扱います。
  • 医療的ケアを必要とする児童・生徒、基礎疾患のある児童・生徒等については、配慮をします。

(3) 感染症の指導について

 児童・生徒に対して、新型コロナウイルスに関する正しい知識や、これらの感染症対策について、発達段階に応じた指導を行い、児童・生徒が感染のリスクを自ら判断し、行動をとることができるように指導していきます。

(4) 差別・偏見・いじめなどについて

 当該児童・生徒が差別・偏見・いじめなどの対象にならぬよう、十分な配慮、注意を行います。各ご家庭においても、同様にご指導をお願いします。

5 児童・生徒、教職員が感染した場合の対応

教育委員会は、保健所等と協議を行い、学校閉鎖等の場合は、教育委員会が保護者に通知します。当該 児童・生徒 等の行動範囲等を考慮して、学校内の消毒を行います。

(1) 児童・生徒 本人が感染した場合

ア 医療機関等から完治した旨の確認がとれるまで、当該 児童・生徒 は出席停止とします 。
イ 学校閉鎖等について
 (ア) 原則として、当該 児童・生徒 が所属する学校全体について、 消毒をし、保健所や学校医と相談の上、期間を決定し閉鎖します。 当該校の教職員も、出勤せず自宅待機とします
 (イ) 当該校以外の学校においても、当該校が閉鎖している期間中は、中学校の部活動等(朝練習を含めて)の課外活動は中止します 。

(2)教職員が感染した場合( 学級 介助員・ALT等毎日の勤務でない職員 及び 学校の給食補助員も含みます)

ア 医療機関等から完治した旨の確認がとれるまで、出勤停止とします
イ 学校閉鎖等については、上記 ( イの ア と同様の扱いとします。複数校を担当する教職員が感染した場合は、保健所等と協議の上、総合的に判断し、学校閉鎖等を実施するものとします。

(3)在校中に学校閉鎖を決定した場合について

ア 中学校については、一斉下校とします 。
イ 小学校については、お迎え下校(引き渡し下校)とします 。

 ※児童本人が陽性と確認された場合、学校を閉鎖しますので、在校している児童の お迎えをお願いします。お迎えがない場合には、定時の下校となります 。再開に際しては保健所等と協議の上、総合的に判断します。

6 濃厚接触者となった場合

(1)保護者等が感染し、 児童・生徒 が濃厚接触者となった場合

ア 陰性が確認された場合でも、 保健所や 学校医と相談の上、登校の 日程を 決定します。
イ 原則学校閉鎖等は実施しませんが、保健所等との協議の上、実施を検討する場合があります 。

(2)教職員が濃厚接触者である場合

ア 陰性が確認された場合でも、 保健所 、学校 と相談の上、出勤 の日程 を決定します。
イ 原則学校閉鎖等は実施しませんが、保健所等との協議の上、実施する場合があります 。

7 その他

ア 今後の状況によ って は、一部又は全部の学校において、休業措置を行う場合があります 。
イ 学校から保護者へ 感染症防止対策や 児童・生徒 へ指導内容等について、情報を共有できるよう 配信し ます 。
ウ 健康診断は、一定の距離を保って、飛沫を飛ばさないよう会話を控え 、衛生面に配慮して実施していきます。

 

鎌倉市学校再開ガイドラインVer.2(PDF:528KB)

ガイドラインの一部改訂(令和2年7月10日)

 『学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020年6月16日 Ver2):文部科学省』に基づき、「鎌倉市学校再開ガイドライン」に記載の、6 児童・生徒、教職員が感染した場合の対応 (2) 児童・生徒本人が感染した場合 イ 学校閉鎖等について」を、次のように変更いたします。

 

【変更前】

イ 学校閉鎖等について

 (ア) 原則として、当該児童・生徒が所属する学校全体について、14日間を目安に閉鎖します。当該校の教職員も、出勤せずに自宅待機とします。

 

【変更後】

 イ 学校閉鎖等について

 (ア) 原則として、当該児童・生徒が所属する学校全体について、消毒をし、保健所や学校医と相談の上、期間を決定し閉鎖します。当該校の教職員も、出勤せず自宅待機とします。

新型コロナウイルス感染症にかかる対応について(お知らせ)(PDF:50KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育部教育指導課 

鎌倉市御成町12-18 鎌倉水道営業所 庁舎2階

電話番号:0467-61-3812

メール:shidokyo@city.kamakura.kanagawa.jp