ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 教育相談 > 鎌倉ULTLAプログラム業務委託に係るプロポーザルの実施について

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

鎌倉ULTLAプログラム業務委託に係るプロポーザルの実施および結果について(終了しています。)

このプロポーザルについてのお知らせ(随時更新)

  • 令和3年5月17日(月曜日)に公表しました。募集は終了しました。
  • 詳細は、業務内容・実施要領等をご覧ください。

鎌倉ULTLAプログラム業務委託公募型プロポーザルの選考結果について

実施目的

  • 鎌倉市の公立小中学校に在籍する児童生徒のうち、令和元年度末の小学校で91名、中学校で163名の児童生徒が病気等の理由ではなく年間30日以上欠席しています。不登校児童生徒に対しては、登校は可能であるが教室へは入れない場合は別室対応を行ったり、登校そのものが困難な場合は担任が家庭訪問するなど、状況に応じて、学校でも丁寧な対応を行っているところです。また、教育支援教室ひだまりでは、不登校の児童生徒が小集団で安心して過ごす中で、人とのかかわり方や学習を行い、社会的な自立を目指して支援しています。
  • このような状況から、鎌倉市では、不登校児童生徒を始め、主に通常の学校生活になじめない児童生徒を対象に、児童生徒の興味関心等に応じた「体験活動を基盤とした探求型の学習プログラム(以下、プログラムとする)」等を行うことにより、当該児童生徒が自らの特性を活かしつつ、好奇心や情熱を形にする喜びを感じ、可能性を開花させるきっかけを提供し、自信と意欲をもって社会で活躍できる一助となる事業展開を図っていきたいと考えています。
  • このため、本業務は、児童生徒の認知特性のアセスメント業務を行うとともに、児童生徒一人ひとりの特性や興味関心等に応じたプログラムの企画、運営、実施等の必要な取組について、適切かつ効果的な実施手法等の提案を求め、業務として委託しようとするものです。
  • この事業により、子どもたちが自らの特性に即した適切な学習方略を選択できるようになり、自信と意欲をもって自立していく基礎を育むとともに、本事業を通じて得られた知見や情報を子どもの普段の居場所である学校・家庭等に共有していくことで、子どもたちの支援者がより本人の特性に合ったかかわりができるようになることを目指します。

業務内容・実施要領等

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。

鎌倉市ホームページについて

お問い合わせ

所属課室:教育文化財部教育センター相談指導担当

鎌倉市御成町12-18 鎌倉水道営業所2階

電話番号:0467-23-3000

内線:2516

メール:kenkyu@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示