ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・文化財 > 文化施設 > 鎌倉歴史文化交流館 > 鎌倉殿の13人 大河ドラマ館利用者にかかる観覧料の軽減措置について

ここから本文です。

更新日:2022年9月7日

鎌倉殿の13人 大河ドラマ館利用者にかかる観覧料の軽減措置について

令和4年(2022年)1月放送開始予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を契機に、多くの方々が鎌倉市を訪れることが予想されます。

本市では、鎌倉殿の13人 大河ドラマ館(以下「大河ドラマ館」という。)利用者が、大河ドラマ館の観覧を機に、鎌倉市の歴史や文化により興味を持ち、歴史事物に深い関係のある鎌倉国宝館や鎌倉歴史文化交流館を連続して利用することで、本市の歴史や文化を深く理解し、より愛着を深めることを目指します。

1 対象者

大河ドラマ館利用者

2 実施期間 

鎌倉国宝館または鎌倉歴史文化交流館の休館日を除く、令和4年(2022年)3月1日から令和5年(2023年)3月31日まで。

(注)この期間は、大河ドラマ館開館期間(令和4年(2022年)3月1日から令和5年(2023年)1月9日まで(予定)を含みます。

3 実施方法

大河ドラマ館の利用1回につき、鎌倉国宝館及び鎌倉歴史文化交流館観覧料を各館1回限り、全額免除とします。

大河ドラマ館利用者が鎌倉国宝館または鎌倉歴史文化交流館入館時、支払い窓口にて、大河ドラマ館利用時に配布されるパンフレットの提示により、観覧料を全額免除します。

鎌倉殿の13人 大河ドラマ館につきましては、こちら( 外部サイトへリンク )

お問い合わせ

所属課室:教育文化財部生涯学習課鎌倉歴史文化交流館

鎌倉市扇ガ谷1-5-1

電話番号:0467-73-8501

ファクス番号:0467-73-8545

メール:rekibun@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示