ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 生活援助 > 鎌倉市生活保護被保護者健康管理支援事業を開始します

ここから本文です。

更新日:2019年11月28日

鎌倉市生活保護被保護者健康管理支援事業を開始します

市では、生活保護の受給者の医療データを専門的に分析し、その結果を用いて、より効果的な医療受診・服薬を促し、生活保護の受給者の生活の質の向上と、医療扶助費の適正化を目指す、生活保護被保護者健康管理支援事業を実施します。

つきましては、この事業を実施する事業者を選定するため、以下のとおり公募型プロポーザルを実施しました。

この度、委託事業者が決定しましたのでお知らせします。

                委託事業者 : 株式会社データホライゾン

公募型プロポーザルの審査結果

最優秀提案者及び委託事業者は、株式会社データホライゾンに決定しました。

審査結果はこちらの「審議結果書(PDF:122KB)」のとおりです。

公募型プロポーザル実施の経過

以下は、本プロポーザルの募集開始から応募締め切りまでの過程です。募集及び審査はすべて終了しています。

委託する業務の概要

業務名

鎌倉市生活保護被保護者健康管理支援業務委託

委託期間

令和元年(2019年)11月中(予定)から令和3年(2021年)3月31年

事業費限度額(委託料の上限額)

7,082,000円

業務内容詳細

業務内容詳細については、次の仕様書を確認してください。

公募型プロポーザルへの参加申込(受付は終了しました)

プロポーザルに参加しようとする事業者は、次の実施要領を確認してください。

本プロポーザルに関する質問(受付は終了しました)

本プロポーザルについて質問がある事業者は、次のとおり質問票を提出してください。

質問受付期間

令和元年(2019年)9月17日(火曜日)午後5時まで

提出方法

様式2 質問票(ワード:35KB)に必要事項を記入し、電子メールに添付して生活福祉課保護担当へ提出してください。

提出先

生活福祉課メールアドレス seifuku@city.kamakura.kanagawa.jp

※電子メールの表題は「プロポーザルに関する質問(事業者名)」としてください

質問への回答

令和元年(2019年)9月20日(金曜日)までにこのページで公表します。

質問に対する回答について

本プロポーザルに対し、質問があったため、質問と回答の双方を公開します。

Q. 「4 業務内容 全般に係る質問」

ケースワーカーの支援が本件業務に含まれていますが、具体的な主業務としては、抽出データの提供方法(帳票の出し方)や、電話等による問い合わせ対応といった理解でよいでしょうか。

A. ケースワーカーが、被保護者に指導をする際に、効果的な説明ができるような資料提供や、専門知識や資格を持つ方による分析結果及び指導方法についての説明会、また、電話等による問い合わせ対応等を想定しています。

Q. 「4 業務内容(2) 指導対象者抽出及び指導支援 ウ 受信行動適正化対象者抽出及び指導支援」

仕様書には、重複受診、頻回受診、重複服薬など、と記載されていますが、その他に鎌倉市で想定している受診行動適正化に関する業務はありますか。

A. 鎌倉市で想定しているものは重複受診、頻回受診、重複服薬の他にはございません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部生活福祉課保護担当

〒248-8686 鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3972

内線:2695,2696

ファクス番号:0467-23-7505

メール:seifuku@city.kamakura.kanagawa.jp