ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 青少年育成 > 第12回作文コンクール

ここから本文です。

更新日:2021年5月21日

第12回作文コンクール

今年度も、鎌倉市青少年指導員連絡協議会が主催で実施をします。

対象

鎌倉市内在住・在学の中学生

題名

「10年後の鎌倉・歴史や文化のある鎌倉を私はどんなまちにしたいか」 副題可

規定

1200字以内・B4版・原稿用紙2枚以上3枚以内 鉛筆は2Bを使用。

なお、必ず最初に題名、学校名、学年、氏名を書いてください。

提出方法と締切

市内在学者は、各学校の夏休み宿題提出日までに、学校に提出してください。

市外の学校通学者、個人で申し込まれる方は住所・電話番号を記載をのうえ9月3日(必着)までに青少年課(〒248-8686 御成町18-10 電話61-3886)へ持参か郵送してください。

選考委員

鎌倉市教育長・鎌倉ペンクラブ代表・鎌倉市立中学校校長会代表・鎌倉市立中学校教頭会代表・鎌倉市青少年指導員連絡協議会代表

選考結果発表

12月上旬に各学校宛てに通知します。市街通学者は、個人あてに通知します。

表彰式と発表会

平成31年1月27日(日)午前10時より 鎌倉市議会本会議場にて

選考結果と市長賞受賞作品について

814点の作文が寄せられ、選考の結果、20人が入賞しました。その中から、市長賞を受賞した中村優護さんの作文を紹介します。

10年後の鎌倉・歴史や文化のある鎌倉を私はどんなまちにしたいか

~鎌倉の自然と歴史・文化、多彩な人びとが「地域をつなぐ」まちづくり~

鎌倉学園中学校 1年 中村 優護

私は、「稲村ガーデン」という「地域交流の場」にボランティアとして参加しています。そこでは私が通った七里が浜楓幼稚園の父母たち、さまざまなボランティアや小さな子どもたちが自然と触れ合いながら、土地を耕し、野菜作りをしています。夏の猛暑の中で草むしりや畑仕事をした後に、「鎌倉野菜」のような新鮮な野菜を食べるのは最高です。まさに「大地」からの「自然の恵み」を実感できます。参加している方々とバーベキューをしながら、ゆったりと話ができるので、みんなとても仲が良くなります。また竹林の間伐をしながら、周りの自然環境を守る必要にも気づきます。そこから取れた間伐材で竹細工や弓矢を手作りし、お祭りやバザーで子どもたちに遊んでもらい「地域の自然」に関心を持ってもらいました。

子どもからお年寄りの方まで幅広い年代や専門の方も参加しています。例えば、「世界のセブン・サミット(七大陸最高峰)を目指す鎌倉在住の登山家」のお話を聴き、「自分一人だけでなく、みんなと夢を分かち合うことが大切で、努力は必ず報われる」という言葉はとても励みになりました。

また地域をつなぐ「極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル」は地元の芸術家と地域住民が協力して行っているのです。

「稲村ガーデン」は、江ノ電稲村ヶ崎駅近くの海と山の合間にあり自然環境に恵まれ、多くの文化人の別荘地があります。例えば、国際連盟事務次長を務めた新渡戸稲造、津田塾大学の創始者である津田梅子のような日本を代表する文化人たちが世界へとメッセージを発信することで、まさに「世界の架け橋」となりました。鎌倉の海と山もある「豊かな自然環境」、「長い歴史が育んできた文化」、「文化や芸術を生み出す多彩な人びと」が「鎌倉の未来」を創り出すのです。

こうした「稲村ガーデン」の活動からもお分かりのように、鎌倉の自然や文化に対して理解を深めるためには、まずはその自然に触れ、実際に地域に参加しながら、そこで暮らす人びとと「つながること」が必要です。

私は、鎌倉の自然を大切にしながら、鎌倉を他の地域や都市とつなぎ、さらに世界へとつないでいきたい。

そのためにも先人たちから歴史・文化を受け継ぎ、次の世代へと伝え、平和に共存できる「未来の鎌倉のまちづくり」をするために活動していきます。

中学生作文コンクール入賞者(敬称略)

市長賞

中村 優護(鎌倉学園中学校1年)

議長賞

平岩 由麻(大船中学校3年)

会長賞

津島 百葉(腰越中学校2年)

佳作

  • 山形 真由子(第一中学校3年)
  • 菅原 碧(第二中学校3年)
  • 三瓶 胡冬(腰越中学校2年)
  • 中村 涼乃(深沢中学校2年)
  • 牧野 倫子(岩瀬中学校1年)
  • 武村 航太(鎌倉学園中学校2年)
  • 船生 美帆(横浜国大附属鎌倉中学校1年)

学校奨励賞

  • 持丸 南(第一中学校3年)
  • 佐々木 すず夏(第二中学校3年)
  • 安齊 康介(御成中学校2年)
  • 奥村 ほのか(腰越中学校2年)
  • 入内島 もも(深沢中学校2年)
  • 水口 紗(大船中学校2年)
  • 堀越 蒼真(岩瀬中学校3年)
  • 荒井 麻理奈(玉縄中学校1年)
  • 小川 洋功(鎌倉学園中学校2年)
  • 苑田 綾乃(横浜国大附属鎌倉中学校2年)

 

共催:鎌倉市

後援:鎌倉市教育委員会、鎌倉ペンクラブ、鎌倉市中学校校長会、鎌倉市中学校教頭会

お問い合わせ

所属課室:こどもみらい部青少年課青少年担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3886

ファクス番号:0467-23-7505

メール:k-ssn@city.kamakura.kanagawa.jp

  • PC版を表示
  • スマホ版を表示