ホーム > 市政情報 > 広報 > フォトニュース

ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

フォトニュース

モバイル端末で利用できる多言語による観光情報(4月20日更新)

モバイル端末で利用できる多言語による観光情報市では外国人観光客が快適に観光するための受け入れ環境の整備を進めていくため、オリックス株式会社と協定を締結しました。プレートに取り込まれたNFC(対応機器をかざすだけでデータの送受信が可能となる)やQRコードをモバイル端末で読み込むことにより、端末の言語設定に対応した言語に翻訳された観光情報が取得できます。プレートはJR鎌倉駅東口、みどりの窓口内の鎌倉市観光総合案内所に設置しており、今後設置場所を増やしていく予定です。

対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語
今後展開予定のサービス:GPSを活用した、現在地付近の飲食店やイベント情報の提供、AR技術(コンピュータを利用して、現実の風景に情報を重ね合わせて表示する技術)を活用した日本語表記情報のリアルタイム多言語化など

フランスセーリング連盟と協定を締結(4月13日更新)

フランスセーリング連盟と協定を締結4月12日(木曜日)市役所にて、フランスセーリング連盟と「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等に向けた事前キャンプに関する協定」を締結しました。

市では、宿泊施設や機材の保管場所の確保を支援し、市民とフランスチームの交流イベントを実施していきます。

フランスセーリング連盟のナショナル・エグゼクティブ・ディレクターであるジャック・カトリノー氏は、事前キャンプを鎌倉市に決めた理由は、「競技会場の江の島に近いことと、おもてなしの質の高さだ」と話しました。

また、市長は「オリンピックはそうそうあることではない。選手と市民の交流を通して、日本とフランスの交流を深めるきっかけにしたい」と話しました。

「鎌倉ものがたり」一色先生の足跡板設置プロジェクト(4月11日更新)

鎌倉ものがたり一色先生の足跡版市では、特定地域に観光客が集中することによって起こる歩道の混雑や車道の渋滞などの緩和のため、観光客の分散化を推進しています。

そこで、鎌倉の比較的知られていない観光スポットを紹介するため、漫画「鎌倉ものがたり」の作者、西岸良平氏に協力を呼びかけ、漫画の中に描かれるユーモラスな「鎌倉」と、現実の歴史ある「鎌倉」の2つを一度に楽しんでいただける案内板を皆様のご寄附を基に設置するプロジェクトを実施し、プロジェクト公開から20日間で目標額100万円を達成しました。

そして、先月3月30日(金曜日)、皆様からいただい温かいご寄附が形となり、葛原岡神社、中央図書館、鎌倉国宝館、鎌倉市役所本庁舎、十二所に案内板を設置することができました。

この案内板をきっかけに、さまざまな「鎌倉」の魅力を感じていただければと考えています。

江ノ電ジオラマ&写真展 江ノ電がやってくる!(3月28日更新)

江ノ電ジオラマ&写真展 江ノ電がやってくる!明治35(1902)年の開業以来、鎌倉のまちの発展に貢献してきた江ノ電のジオラマ(外部サイトへリンク)が、中央図書館にやってきます。江ノ電の歴史や、今と昔の写真もあわせて展示します。4月8日(日曜日)の午前9時から午後5時(木・金曜日は午後7時)まで展示しています。また、3月29日(木曜日)、4月1日・8日(日曜日)の14時~15時に江ノ電ジオラマでタンコロが走ります。ぜひ足をお運びください。

かまくらヘルシーポイントがスタート(3月16日更新)

かまくらヘルシーポイントがスタート20歳以上の鎌倉市民の方が気軽に健康づくりに取り組めるよう、3月15日(木曜日)から、かまくらヘルシーポイントがスタートしました。スマートフォンアプリや活動量計を使ったウオーキングや、健康イベントに参加することでポイントが貯まります。貯めたポイントで、鎌倉山のローストビーフや、鎌倉リーフの鎌倉野菜詰め合わせセットなど素敵な景品が当たる抽選に応募できます。3月15日(木曜日)から5月6日(日曜日)までの期間は、スタートキャンペーンとしてウオーキングによる獲得ポイントが2倍になります。この機会にぜひ「かまくらヘルシーポイント(外部サイトへリンク)」にご参加ください。

コーポレートフェローシップ成果報告会を実施(3月12日更新)

フェローシップ3月9日(金曜日)市役所にてコーポレートフェローシップ成果報告会を実施しました。

コーポレートフェローシップは、民間企業から自治体に研修員を派遣し、地元の市民団体などと共に地域の課題解決に取り組む短期研修プログラムです。

このプログラムを活用し、11月から富士通株式会社の中井さんを研修員として受け入れ、3ヵ月間一緒に活動しました。公園課の市民問い合せ一覧データの分析や、市民ニーズを把握するエモグラフィ手法など新たな手法を展開していただきました。

市内の中学校で模擬選挙を実施(2月26日更新)

市内の中学校で模擬選挙を実施昨年11月28日と今年2月20日から28日までの間に、市内の中学校8校で模擬選挙を実施しました。10代の人に選挙について学び、経験してもらうことで、投票率の向上につなげたいという思いから、鎌倉市明るい選挙推進協議会と市選挙管理委員会が協働で平成26年度から実施しています。

実際の投票箱と投票用紙を使い、模擬選挙の投票を体験した中学生は「緊張した」、「思っていたよりも簡単にできた」と話していました。

お問い合わせ

所属課室:共創計画部広報広聴課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp