ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種について > 日本脳炎予防接種の特例対象について

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

日本脳炎予防接種の特例対象について

日本脳炎ワクチンの接種後にADEM(急性散在性脳脊髄炎)という重い副反応の発生があったため、国は平成17年から接種に対する積極的なお勧めを控えてきました。

その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。

保護者の同伴について

13歳以上の方で保護者が同伴できない場合は、予診票と同意書の保護者自署欄に保護者が自署したものを医療機関へご持参ください。予診票は医療機関または市民健康課から事前に入手してください。

特例対象者

1. 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方で、20歳未満の方は、未接種分を20歳になる日の前日まで公費で受けることができます。

2. 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方で、平成22年3月31日までに1期の予防接種が終了していない方は、未接種分を生後6カ月から90カ月または9歳以上13未満の間に公費で受けることができます。

 

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民健康課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3942

メールアドレス:shikenko@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?