ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種について > 不活化ポリオ予防接種または四種混合予防接種の接種方法について

ここから本文です。

更新日:2017年8月29日

不活化ポリオ予防接種または四種混合予防接種の接種方法について

  生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンへの切り替えや、三種混合ワクチンの販売終了に伴う、不活化ポリオ予防接種または四種混合予防接種の受け方は、次の通りです。接種歴に応じて予防接種を受けてください。

  • 三種混合予防接種を合計4回と、生ポリオ予防接種を合計2回接種している方

      不活化ポリオ予防接種、四種混合予防接種の接種は必要ありません。

  • 三種混合予防接種、不活化ポリオ予防接種、生ポリオ予防接種を1回も接種していない方

      四種混合予防接種を合計4回接種してください。

  • 三種混合予防接種、不活化ポリオ予防接種、生ポリオ予防接種をいずれか1回でも接種した方

      四種混合予防接種と不活化ポリオ予防接種をそれぞれ合計4回になるように接種してください。

      詳細はこちら(PDF:92KB)をご覧ください。

 

お知らせ

  • 昭和50年から52年に生まれた方へ  

この年代の方はポリオの免疫が他の年齢層に比べると、低いといわれています。ポリオが発生している国に渡航される時は、再度ポリオワクチンの予防接種を受けることをお勧めします。

(市の補助はありません。接種する場合は全額自己負担です。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民健康課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3941

メール:shikenko@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?