ここから本文です。

更新日:2010年7月5日

84 鎌倉五山

 

kamakuragozan

 

 鎌倉時代に生まれた新しい仏教宗派のなかで、最も武士に受け入れられたのは禅宗です。宋から来日した名僧や留学した日本僧たちにより、禅宗の教えとともに、建築、美術工芸、文学などの禅宗文化が広められました。
 五山の制度は、官が任命した住持(じゅうじ=寺の主長)を順次上位の寺に昇任させる制度で、現在の鎌倉五山は室町時代に定められたものです。
 ここでは、禅宗寺院を代表する鎌倉五山を、中世精神文化の象徴、そして現在の鎌倉のイメージの象徴として取り上げました。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり景観部都市景観課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3477

メール:keikan@city.kamakura.kanagawa.jp