ホーム > くらし・環境 > 住宅 > 市営住宅 > 市営住宅集約化の取組

ここから本文です。

更新日:2019年6月21日

市営住宅集約化の取組

市営住宅集約化の取組について

鎌倉市では、市営住宅11団地のうち、昭和30年代から50年代に建設され老朽化が進む6団地を、2箇所程度に集約化して整備することとします。

お知らせ

  • かまくら住宅ニュース第3号(市営住宅集約化事業その3)を発行しました。(平成31年2月)
  • 深沢住宅、笛田住宅、梶原住宅、梶原東住宅、岡本住宅の入居者に対して、集約化事業について説明会を開催しました。(平成30年11月、12月)
  • かまくら住宅ニュース第2号(市営住宅集約化事業その2)を発行しました。(平成30年9月)
  • 市営住宅集約化基本計画概要版に誤記がありましたので、訂正しました。(平成30年9月)
  • 市営住宅集約化基本計画を策定しました。(平成30年3月)
  • かまくら住宅ニュース創刊号(市営住宅集約化について)を発行しました。(平成30年1月)
  • 深沢地区連合町内会会長会議で集約化事業について説明を実施しました。(平成30年1月)
  • 深沢地区連合常任理事会で集約化事業について説明を実施しました。(平成29年12月)
  • 深沢住宅、笛田住宅、梶原住宅のうち簡易耐火構造2階建住宅の入居者に対して、集約化事業について説明会を開催しました。(平成29年8月)
  • 植木住宅入居者に対して、移転について説明会を開催しました。(平成29年6月)

これまでの検討経過

平成26年度

公共施設再編計画の策定の取組の中で、先行事業に位置付け、市営住宅の整備手法について検討し、以下の方針を定めました。

  • 市有の市営住宅7団地のうち、諏訪ケ谷ハイツを除く6団地を、1~2箇所に程度に集約化して整備する。(PFI事業等で整備・運営)

詳しくは、公共施設再編の取組を参照ください。

平成28年度

市営住宅集約化候補地を笛田住宅(笛田三丁目23)及び隣接する深沢クリーンセンター(笛田三丁目24)の余剰地と定めました。

平成29年度

市営住宅集約化候補地である笛田住宅及び深沢クリーンセンターの土壌汚染調査を実施し、土壌汚染は確認されませんでした。

事業手法の検討のために、整備シミュレーションや導入可能性調査を実施しました。



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市整備部住宅課住宅担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階

電話番号:0467-61-3681

内線:2554

メール:jyutaku@city.kamakura.kanagawa.jp