ホーム > 産業・まちづくり > 建築物 > 低炭素建築物認定制度について

ここから本文です。

更新日:2017年6月8日

低炭素建築物認定制度について

制度の概要

「都市の低炭素化の促進に関する法律」が平成24年12月4日に施行され、「低炭素建築物」を認定する制度が創設されました。

対象建築物は、市街化区域内において新築、増築、改築、修繕、修繕模様替え、建築物への空気調和設備等の設置若しくは改修をしようとするものです。認定を受けるためには、省エネルギー法に基づく省エネルギー基準を超える性能を有し、かつ、低炭素化に資する措置を講じた低炭素建築物新築等計画を作成し、所管行政庁(鎌倉市)に申請する必要があります。

認定を受けた建築物については、所得税住宅借入金特別優遇や、容積率緩和措置の対象となります。

詳しくは下記をご覧ください↓

低炭素建築物の認定制度が始まりました(PDF:223KB)

鎌倉市規則

都市の低炭素化の促進に関する法律に基づく低炭素建築物新築等計画の認定等に関する規則(PDF:133KB)

低炭素建築物新築等計画の認定における基本方針に掲げる緑化関係の認定方針

鎌倉市では、低炭素建築物新築等計画の認定にあたり、都市の低炭素化の促進に関する法律第54条第1項第2号で定める基本方針に照らして適切であるかの確認を、別表の「区域内外チェックリスト」により行うことと定めました。

登録建築物調査機関等は、適合審査を行う際に、当該「区域内外チェックリスト」を使用してください。

鎌倉市低炭素建築物新築等計画の認定における基本方針に掲げる緑化関係の認定方針について(PDF:87KB)

区域内外チェックリスト(PDF:87KB)

申請手数料

手数料の概要(PDF:296KB)

書式

  1. 低炭素建築物新築等計画認定申請書(様式第五)(ワード:84KB)
  2. 低炭素建築物新築等計画変更認定申請書(様式第七)
  3. 第1号様式(設計内容説明書1一戸建ての住宅又は共同住宅等の住宅部分用)(ワード:35KB)
  4. 第2号様式(設計内容説明書2共用部分用)(ワード:32KB)
  5. 第3号様式(設計内容説明書3非住宅部分用)(ワード:34KB)
  6. 第4号様式(軽微な変更届)(ワード:23KB)
  7. 第5号様式(取下届)(ワード:22KB)
  8. 第7号様式(工事が完了した旨の報告書)(ワード:22KB)
  9. 第9号様式(新築等を取りやめる旨の申出書)(ワード:22KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市調整部建築指導課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-23-3000

内線:2531 2587

ファクス番号:0467-23-6939

メール:kensi@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?