ホーム > 散在ガ池森林公園の紹介

ここから本文です。

更新日:2016年4月18日

散在ガ池森林公園の紹介

 鎌倉湖とも呼ばれる散在ケ池と、その周辺2.4kmの散策路があり、自然がそのまま残されています。

春には池の周りの桜がきれいに咲きます。

鴨などの野鳥を多く見ることが出来ます。

開園時間 午前8時30分から午後5時15分まで

休園日 12月29日から翌1月3日まで

散在ガ池森林公園散在ガ池の様子- 散在ガ池の様子 -

散在ガ池森林公園内の施設

散在ガ池を周回する散策路、見晴らし台などがあります。 

また、トイレ、ベンチ、テーブルがあります。

園路は起伏が多いため、歩きやすい靴でのお越しをお勧めいたします。 

散在ケ池について

 安政(1854~1859)の頃、この地域を裏今泉と称し、すべて今泉山称名寺(弘法大師僧空海が創建したと伝えられる不動堂の別当寺)の持山で、江戸末期の住職がこの域を大船、岩瀬、今泉の3部落に無償で分与していたため、この山を『散在の山』と呼ぶようになったと伝えられています。

 明治2年当時この地域を統轄していた小菅谷(現在の横浜市栄区)の代官梅澤与次右エ門が、岩瀬・今泉の部落有志を集め灌漑用水池(長さ70m、幅5.5mの土堰堤)を築造しました。

 『散在の山中にある池』ということで、『散在池(サンザイケ)』と称され今日に至っています。


 昭和32年に大船土地改良区(代表市川治朗)が結成され『散在ケ池』の改修(堤高13.3m、堤長56.5mの土堰堤)を行い、昭和34年に完成しました。

その後、昭和42年~43年にかけて宅地造成があり、調整池としての機能整備が整えられました。

散在ガ池データ

海抜  43m
面積  9,495m2
湖岸線延長  772m
最大水深  7.6m
平均水深  3.1m
貯水量  29,900m3

公共交通機関でのアクセス

大船駅東口5番バス乗り場から「大船駅(循環)」行→今泉不動下車→(徒歩3分)→散在ガ池森林公園

散在ガ池森林公園案内図

所在地・電話番号

所在地 鎌倉市今泉台七丁目930番1
電話 0467-47-1176(散在ガ池森林公園管理事務所)

0467-45-2750(財団法人鎌倉市公園協会 事務所(鎌倉中央公園内))

お問い合わせ

所属課室:都市整備部公園課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階

電話番号:0467-61-3583

メール:park@city.kamakura.kanagawa.jp