ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子育て支援 > ひとり親家庭のために

ここから本文です。

更新日:2016年10月17日

ひとり親家庭のために 

 

ひとり親家庭の相談

お子さんの就学・就職・経済的自立などの相談にひとり親家庭自立支援員が応じます。なお、平成19年1月からは平日に加え、第2土曜日も相談を受け付けます。

 

受付時間
月曜日~金曜日…午前8時30分~午後5時00分
土曜日…午前9時00分~午後5時00分

問い合わせ  こども相談課  2658

[▲ページ上端へ]

 

ひとり親家庭などへの家賃助成

20歳未満のお子さんを扶養している母子(父子)家庭などを対象に、家賃の一部を助成します。家賃月額が8万円以内(管理費除く)で、居住条件や所得制限があります。

助成限度額 8,000円

ひとり親家庭等家賃助成制度のご案内

問い合わせ  こども相談課  2658

[▲ページ上端へ]

 

中学校卒業の遺児の方に祝金を贈呈します

父親または母親が、亡くなったかまたは7年間以上所在が分からない家庭のお子さんが、中学校を卒業するとき、そのお子さんの養育者に卒業祝金をお贈りします(離婚の場合や再婚している場合は対象となりません)。

申し込みには戸籍謄本(全部事項証明)など、亡くなったことが確認できる書類、印鑑、申込者の銀行口座番号が分かるものが必要です。※最新の戸籍謄本で死亡が確認できない場合には改製原戸籍も必要となりますのでご注意ください。

申請の際には、必要書類等につきまして、事前にこども相談課までお問い合わせください。

祝金の額   

 30,000円

申込み期間

 平成28年2月1日(月)から平成28年3月31日(木)まで

問合せ  こども相談課  2375

[▲ページ上端へ]

 

遺児福祉基金(寄附)

皆様から寄せられたご寄附を積み立て、遺児のお子さんが中学校を卒業する際に、お子さんを養育する保護者等にお祝い金を贈呈する事業に活用しています。

また、遺児のお子さんを養育する保護者等への家賃助成にも活用しています。

寄附額に制限はありません。

問合せ  こども相談課  2375

[▲ページ上端へ]

 

母子・父子家庭などへの貸付金 

母子・父子家庭及び寡婦で、現在子どもを扶養している人の経済的な自立を図るために、無利子の貸付金制度があります。所得制限があります。 

問い合わせ  こども相談課 2658

[▲ページ上端へ]

 

ひとり親家庭など児童の大学進学支度金

母子・父子家庭のお子さんが大学に進学するときに、経済的な一助とするために、大学進学支度金を贈ります。支度金の贈呈は、審査をして決定します。 

支度金の額

       60,000円

申込期間

平成28年4月4日(月)から平成28年4月20日(水)まで

※必要書類等はこども相談課までお問い合わせください。

※支度金は、ご寄附いただいた社会福祉基金より贈呈しています。

問い合わせ  こども相談課 2658

[▲ページ上端へ]

 

社会福祉基金(寄附)

皆様から寄せられたご寄附を積み立て、大学進学するひとり親家庭等のお子さんを養育する保護者等に対し、大学進学支度金を贈呈する事業に活用しています。寄附額は1,000万円以上に限ります。

問合せ  こども相談課  2375

[▲ページ上端へ]

 

自立支援教育訓練給付金

ひとり親家庭のお母さん又はお父さんが、より安定した職につくために必要な技能や資格を取得するため、指定の講座を受講した場合に、教育訓練給付金を支給します。講座が始まる前に相談が必要です。所得などの制限があります。

問い合わせ  こども相談課   2658

[▲ページ上端へ]

 

高等職業訓練促進給付金 

 ひとり親家庭のお母さん又はお父さんが、対象の資格を取得するため、2年以上の期間養成機関等で修業する場合に、高等職業訓練促進給付金等を支給し、生活の負担の軽減を図ります。申請の前に相談が必要で、事前審査を受けていただく必要があります。所得などの制限があります。 

平成29年度からの高等職業訓練促進給付金の受給者の集を開始しました。

問い合わせ  こども相談課  2658

[▲ページ上端へ]

お問い合わせ

所属課室:こどもみらい部こども相談課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3896