ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 公共施設の耐震化の取組

ここから本文です。

更新日:2018年5月17日

公共施設の耐震化の取組

鎌倉市耐震改修促進計画(平成27年9月改定)において、住宅及び特定建築物等の耐震化の目標を平成32年度までに95%としており、公共建築物についても耐震化を進めています。

公共建築物のうち、昭和56年5月以前の旧耐震基準で整備されたものは、鎌倉市耐震改修促進計画の対象建築物の約60%で、平成30年3月現在の耐震化率は約70%です。

  • 耐震化率は、対象建築物全体の棟数に対する「新耐震基準と旧耐震基準のうち改修不要または改修済の棟数」の割合です。

耐震化事業の実施状況について

平成29年度

平成29年度の耐震化事業(関連事業含む)として、3施設の耐震診断、1施設の耐震改修設計、1施設の耐震改修工事を実施しました。

平成28年度

平成28年度の耐震化事業(関連事業含む)として、1施設の耐震診断、1施設の耐震改修設計、3施設の耐震改修工事を実施しました。

平成27年度

平成27年度の耐震化事業として、耐震診断、耐震改修設計、耐震改修工事をそれぞれ1施設で実施しました。

平成26年度

平成26年度の耐震化事業として、2施設の耐震診断と1施設の耐震改修設計を実施しました。

平成25年度

平成25年度の耐震化事業として、5施設の耐震診断と1施設の耐震改修工事を実施しました。

老人憩いの家「こゆるぎ荘」について内容を更新しました。<27年3月4日更新>

平成24年度

平成24年度の耐震化事業として、11施設の耐震診断等を実施しました。

平成25年6月28日公表時点で改修予定であった材木座保育園、稲瀬川保育園、大船行政センターは、平成25年度に改修工事が完了しました。また、岡本保育園の園舎については建替えが完了し、平成27年10月から新園舎を利用しています。<平成28年3月31日更新>

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:行政経営部公的不動産活用課公的不動産維持担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3714

メール:pre_iji@city.kamakura.kanagawa.jp