ホーム > よくある質問 > 戸籍  養子 > 日本人同士で養子縁組をしたいのですが、方法を教えてほしい。

ここから本文です。

更新日:2013年5月14日

よくある質問

よくある質問質問

日本人同士で養子縁組をしたいのですが、方法を教えてほしい。

よくある質問回答

養親になる方と養子になる方、それぞれの方の本籍地や婚姻の有無、お子さんの有無など、ケースによって縁組の届書の記入方法や必要書類が異なります。直接、市民課までお問合せください。一般的な事項は下記のとおりです。

【届出人】
養親及び養子となる者(養子となる者が15歳未満の場合は法定代理人)
(注)届書には成年2人の証人の記載が必要です。

【届出先】
養親及び養子となる者の本籍地又は届出人の所在地。

【受付場所及び時間】
市役所市民課又は各支所平日8時30分~17時15分まで(各支所については、お昼の12時00分~13時00分までは書類をお預かりするだけとなります。)
(注)平日の上記時間外、土日及び祝日は市役所守衛室で書類をお預かりするだけとなります。(各支所では取り扱っておりません。)
不備等があると、再度来庁していただく場合や、受理できない場合もありますので、事前にお近くの市区町村で内容の確認をしていただくことをお薦めします。

【持ち物】

  • 養子縁組届書(市役所市民課、各支所にあります。)
    (注)記入方法、必要事項等は市役所市民課へお問い合わせください。
  • 印鑑(届書に押印したもの。)
  • 未成年者を養子とする場合(養親となる者又はその配偶者の直系卑属を養子とする場合を除きます。)又は後見人が被後見人を養子とする場合は、家庭裁判所の縁組許可の審判書謄本
  • 児童福祉施設の長が代諾する場合は、都道府県知事の許可書の謄本
  • 特別代理人が代諾する場合は、その選任に関する審判書謄本
  • 15歳未満の者を養子とする場合、法定代理人の他に養子となる者の父母である監護者がある時はその者の同意書
  • 配偶者のある者が、単独で縁組をする場合はその配偶者の同意書
  • 当事者(養親と養子)の本籍地以外で届出をする場合には、その者の戸籍全部事項証明書(謄本)
    (注)ケースによってはその他にも書類等が必要な場合がありますので、お問い合わせください。

 

お問い合わせ

所属課室:市民活動部市民課市民担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3905

メール:shiminka@city.kamakura.kanagawa.jp