ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 南海トラフ地震防災対策計画を策定する事業者等の立地区域が決まりました

ここから本文です。

更新日:2014年9月10日

南海トラフ地震防災対策計画について

対策計画を策定する施設等の立地区域

南海トラフ地震防災対策特別措置法(平成14年法律第92号。以下「法」という。)第7条及び第8条の規定により、浸水予想区域に立地する特定の施設の管理者等は、対策計画を策定して都府県知事へ届出し、写しを市町村長へ送付することが義務付けられます。

対策計画を策定する区域が8月19日に確定し、神奈川県から通知されましたのでお知らせします。

対策計画の策定義務

策定義務の対象となる施設の管理者には、所管する当局(県、市消防本部)から別途ご案内いたします。

策定期限

平成26年9月29日

参考

対策計画についての詳細

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災安全部総合防災課 

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎2階

電話番号:2614

メール:sogobo@city.kamakura.kanagawa.jp