ここから本文です。

更新日:2012年5月25日

飲料水対策

 飲料水の確保について

災害時の飲料水は、県企業庁水道電気局が災害用配水地として七里ガ浜低区、山ノ内、城廻の3か所を指定し、12,690トンの水が確保され、人口(17万人で試算)当たり1人1日3リットルを供給すると25日分相当になります。
また、市でも飲料水兼用耐震性貯水槽、学校プール、井戸等を活用し地域での飲料水や生活水の確保対策に努めています。

 

飲料水兼用耐震性貯水槽一覧表

施設名 所在地 貯水量
鎌倉中央公園 山崎1667

100t

今泉小学校 今泉2-13-1

100t

七里ガ浜小学校 七里ガ浜東5-3-2

100t

深沢小学校 梶原1-11-1

100t

 

災害時に利用出来る井戸について(平成21年3月現在)

災害時に利用できる井戸の提供について

災害時の断水に備え、市では井戸所有者に井戸水の提供をお願いしています。
災害時に自宅の井戸水を提供できる方は、市で水質検査を行いますので総合防災課までご連絡ください。
水質検査は年1回行い、検査時期は総合防災課が指定する時期(例年11月・2月頃)に行います。
 なお、水質検査後に基準値を満たした井戸については広報かまくら・ホームページ等で井戸情報を公表(井戸所在地・所有者名のみ)いたしますので、ご了承ください。

お問い合わせ

所属課室:防災安全部総合防災課 

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎2階

電話番号:2614