ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉の総合相談のご案内

ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

福祉の総合相談のご案内

 鎌倉市では、福祉の様々な困りごとについての相談を受けています。

 高齢や介護、障害、生活の苦しさ、子育て、教育、不登校、引きこもりなど、生きにくさにつながる複数の分野の課題を抱える家庭が増えています。また、困りごとがあっても、いろいろありすぎて、まずどこに相談に行けばいいのかわからない方もいます。

 鎌倉市役所の「福祉の総合相談窓口」では、制度や分野に分かれた、縦割りでは対応しにくい相談についても、専門機関と連携しながら対応しています。 

 市民の皆さんが困っていることを解決するために、鎌倉市では、包括的な支援をめざして、課題の解決に向けた福祉サービスを充実させていきます。

 まずはお気軽に、鎌倉市役所本庁舎1階の6番カウンター「福祉の総合相談窓口」までお越しください。

hutari

(お願い)相談室の利用や複数部署の担当者の同席は、事前の調整が必要です。お電話などでお申し出ください。

 電話 0467-23-3000 内線2496(地域共生課)

  メールアドレス kyosei@city.kamakura.kanagawa.jp

 相談事例

ゆっくりお話を聞き、一緒に考え、適切な窓口を見つけます

  • 自分に必要なことをうまく説明する自信がないので、手伝ってほしい
  • 市役所で自分の悩みを話すのに慣れていないので、誰か一緒に同席してくれないかな?
  • 窓口によって言われることが違うと感じ、混乱してしまう
  • 以前、ある窓口で、それへの対応はここじゃないと言われ、ガッカリして市役所に失望したが、相談事はまだ解決していない
  • いま困っていることがあるんだけど、それって、もしかして、福祉の支援を受けられたりしないかな?
  • 自分の必要としているものが福祉サービスかどうかはわからないけれど、とりあえず話を聞いてもらい、できれば一緒に抱えている問題を整理してほしい
  • 障害福祉サービスは受けられないといわれたが、仕事も続けられず、今後の生活が不安

複数の困りごとがある場合は、福祉総合相談に、それぞれの担当者が参ります

  • 子育てと親の介護が重なって、心も体も大変になってきた(ダブルケアへの対応)
  • 定年退職して年金暮らしだが、無職の50代の子どもがいて、これからの生活が心配(8050問題への対応)
  • 保育園・幼稚園・学校などでの生活で心配なことが増えてきたけど、教育と福祉のどちらの問題なのかな(発達に心配のある子のケアへの対応)

    ikiru-2

たとえば、こんな相談窓口に、ご案内できます(一緒に同席もできます)

【高齢者】

 鎌倉市では、高齢者の生活や介護についての相談を受けつける「地域包括支援センター」を市内10ヶ所に開設しています。身近な相談窓口として、ぜひご利用ください。 

  パンフレット:「さわやかなまち鎌倉(鎌倉市の地域包括支援センター)」(PDF:3,240KB) 

 

【障害にかかわること】 

  鎌倉市には、障害のある方の困ったことや心配なこと、日常生活や就労、福祉サービスなどの相談や情報提供を行う「相談支援事業所」が市内14ヶ所にあります。障害福祉課の職員、市から委託を受けた3ヶ所の「一般相談事業所」、市から委嘱された6名の障害福祉相談員も、相談をお受けしています。

 電話 0467-61-3975(障害福祉担当)

 

【障害者の就労支援】

   鎌倉市では、障害のある方の社会参加、自立に向け、障害者雇用を促進することを目的とした「鎌倉市障害者二千人雇用センター」を福祉センター内に開設しました。ここでは、障害のある方の「働きたい」「働き続けたい」、企業の「雇用したい」「雇用し続けたい」をサポートします。

 電話 0467-53-9203 FAX 0467-53-9204

  メールアドレス koyoucenter@npo-mind.or.jp

 

【子どもの発達が気になる場合】

 鎌倉市の発達支援室では、お子さんの発達についての相談をお受けしています。 また、お子さんの状況に応じて必要な支援を行います。

 電話 0467-23-5130(発達相談担当)

 

【子どもや家庭のこと】

 鎌倉市のこどもと家庭の相談室では、専任の相談員がお子さんや家庭に関する相談をお受けしています。

 電話 0467-23-0630 (こどもと家庭の相談室専用ダイヤル)

 

【教育】

 鎌倉駅の近くの教育センターで、幼児から青少年まで(主に学齢期)の教育や生活上のさまざまな問題の相談をお受けしています。不登校のお子さんの生活についてのご心配なども、こちらで伺います。詳しいことは、お電話やFAXでお問い合わせください。

 電話 0467-24-3386 電話・FAX 0467-24-3495

 

【生活への不安】

 働きたくても働けない、住む所がない、など生活のお困りごと、または不安を抱えている場合は、大船のインクル相談室鎌倉( 外部サイトへリンク )で相談をお受けしています。

 電話 0467-46-2119  FAX 0467-47-9290

  メールアドレス incl@inclusion-net.jp

 

【成年後見】

 成年後見センターでは、市民の方が成年後見制度を利用するための相談をお受けしています。

 電話 0467-38-8003

 

【DVや虐待】

 鎌倉市のこどもと家庭の相談室では、専任の相談員がお子さんや家庭に関する相談をお受けしています。

 電話 0467-23-0630 (こどもと家庭の相談室専用ダイヤル)


 鎌倉市では、文化人権課の女性相談員が、夫婦、家族関係、女性に対する暴力、セクシュアル・ハラスメント等、女性が抱える悩みについての相談を、面接もしくは電話で、お受けしています。

 電話 0467-23-9311 (相談専用ダイヤル)   


 鎌倉市内での高齢者への虐待に気づいた方は、お近くの地域包括支援センターや、高齢者いきいき課への連絡をお願いします。また、日頃から介護負担や介護の悩みを感じている方は、一人で抱え込まずご相談ください。

 電話 0467-61-3899 (高齢者いきいき課 いきいき福祉担当)  


 鎌倉市内での障害者への虐待に気づいた方は、鎌倉市障害者虐待防止センター(障害福祉課内)への連絡をお願いします。また、日頃から介護負担や介護の悩みを感じている方や、家族への支援について知りたい方は、一人で抱え込まずご相談ください。

 電話 0467-61-3975 (障害福祉課 障害福祉担当)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域共生課地域共生担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:内線2496

メール:kyosei@city.kamakura.kanagawa.jp