ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 民間施設を活用した鎌倉市一般廃棄物の処理体制の構築に係るサウンディング調査(対話)

ここから本文です。

更新日:2020年3月16日

民間施設を活用した鎌倉市一般廃棄物の処理体制の構築に係るサウンディング調査(対話)

サウンディング調査(対話)の実施について

鎌倉市では、現在、唯一の焼却施設である名越クリーンセンターにより一般廃棄物の処理を行っているものですが、当該施設は令和7年(2025年)3月末をもって焼却を停止する予定となっています。

このため、市では今後の廃棄物処理を検討し、平成31年(2019年)3月26日に新焼却施設は建設せず、徹底した資源化を進めることによって燃やすごみを削減する「将来のごみ処理体制における方針」を示しました。

名越クリーンセンター稼働停止後の燃やすごみの処理については、隣接する逗子市の焼却施設で処理する計画で、現在逗子市と調整を進めていますが、本市が資源化を進める過程で発生する、逗子市の焼却施設の処理能力を超える一般廃棄物の処理については、民間施設を活用するなどして処理する考えです。

また、近年生じている災害(風水害)は従来の被害を上回っており、災害によって生じる廃棄物の対応についても、平時から対策を講じる必要があると考えております。

このような背景から、本市における安定した廃棄物の処理体制の構築に向け、民間事業者の知見やノウハウ、意向等を把握することを目的とし、サウンディング調査(対話)を実施します。


サウンディング調査(対話)の申し込みについて

市では、『処理体制の構築における様々なアイディア』を主な対話のテーマとし、民間事業者の皆様から様々なご意見をいただきたいと考えております。

参加を希望される方は、上記実施要領及び「将来のごみ処理体制についての方針(概要版)(PDF:421KB)」(関連リンクに詳細がございます。)を一読いただき、「エントリーシート」に必要事項をご記入の上、下記までお申し込みください。

  1. 開催日時
    • 令和2年(2020年)4月1日(水曜日)以降
    • ※ 1時間程度 (日時につきましては、個別に日程を調整します)
  2. 開催場所
    • 市役所本庁舎、環境部ごみ減量対策課(鎌倉市御成町18番10号)
  3. 対象者
    • 実施要領の「参加対象者」を参照
  4. 申込先
    • 環境部ごみ減量対策課
    • E-mail: gomi@city.kamakura.kanagawa.jp
    • (メールの件名は、「サウンディング参加申込」としてください。)
  5. 申込期間
    • 令和2年(2020年)2月25日(火曜日)から同年3月31日(火曜日)まで【必着】
  6. その他
    • コロナウィルスの感染を防止するため、開催日時を延期させていただくとともに、申込期間を延長しました。【3/13変更】

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部ごみ減量対策課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3396

メール:gomi@city.kamakura.kanagawa.jp