ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

鎌倉市緑政審議会について

 鎌倉市緑政審議会とは

 鎌倉市緑政審議会規則

平成9年7月に制定された「緑の保全及び創造に関する条例」の第6条において鎌倉市緑政審議会の設置が定められました。この中で、鎌倉市緑政審議会は市長の附属機関として位置付けられています。
鎌倉市緑政審議会は、15人以内の委員をもって組織するとされており(「緑の保全及び創造に関する条例」の第6条)、現在は市長が委嘱した10人の市民・学識経験者から構成されています。 なお、市民委員は公募によって選出しました。

緑政審議会委員(平成28年1月23日改選)

(敬称略)

氏名 分野 現職 備考
植木 陽子  市民  
野口 景子  市民  
山本 俊文 市民  
秋山 哲雄 歴史 国士舘大学教授  
石川 幹子 環境・ビオトープ 中央大学教授  
入江 彰昭 環境計画・設計 東京農業大学准教授  
岩田 晴夫 生物 元慶應義塾大学非常勤講師 鎌倉市緑化推進専門委員
越澤 明 都市計画 北海道大学名誉教授 会長職務代理
輿水 肇 造園 明治大学農学部前教授 会長
志村 直愛 建築デザイン 東北芸術工科大学教授  鎌倉市景観審議会委員

 

※会長は改選後最初の審議会で委員の互選によって定められています。

また、会長職務代理者は、会長の指名により決定しています。

 

鎌倉市緑政審議会は、緑の保全及び創造に関する基本的事項及び重要事項を調査審議するものです。

 

お問い合わせ

所属課室:まちづくり景観部みどり課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3486

メール:midori@city.kamakura.kanagawa.jp